仮想通貨ビットコイン(BTC)上昇トレンドの背景をeToroアナリストが分析

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨ビットコイン(BTC)上昇トレンドの背景をeToroアナリストが分析
 

仮想通貨ビットコイン(BTC)上昇トレンドの背景をeToroアナリストが分析

BTC価格上昇の背景をeToroアナリストが分析
仮想通貨ビットコイン(BTC)の勢いが加速している。上昇トレンドの背景には何があるのか、アナリストのMati Greenspan氏は、SNSでのアンケート結果を分析しつつ、その理由について独自の見解を述べた。

BTC価格上昇の背景をeToroアナリストが分析

1年5ヶ月ぶりに12,000ドル(約130万円)を記録したビットコイン(BTC)。市場には過熱感も見られるが、その上昇要因と根拠について、eToroのアナリストMati Greenspan氏が独自の見解を述べた。

2017年のビットコイン(BTC)急騰時には、まだ仮想通貨という概念が世間一般にはよく知られておらず、人々はそれが一体何なのかを学び始めたばかりであった。そして新しい波に取り残されることを恐れた人々が一斉に投資したために価格が急上昇する、いわゆる「FOMO」が考えられる。

しかしすでに仮想通貨について、ある程度認識の広まった現時点では、ビットコイン価格はより根拠のあるものとなっている。
ブロックチェーンの取引量を見ても、そのことは明瞭だ。

上図のように、ビットコインが使用される量が増加したことにより、2019年始めからブロックチェーンの取引量は3.5TPS(1秒あたりの取引回数)を保っている。
また2017年9月に、ビットコインの出来高は5000万ドル(53億円)を更新し、それ以来ほぼ、その水準の活動が継続されている。

背景にある外部環境の変化

リブラの影響を疑問視する声も

先日、国際的な規制機関FATF(金融活動作業部会)がより徹底した仮想通貨の取り締まりを準備していると発表した。取り締まりが厳格になれば、多くの小規模の仮想通貨取引に影響が出る可能性が高い。しかしその施行は、まだ1年先であることもあり、今のところマーケットに影響を及ぼしてはいない。

確かに、Facebookのコインが仮想通貨市場全体の機運を押し上げたことを指摘する者もいる。

仮想通貨市場の時価総額は、25日時点で約3000億ドル(32兆円)であるが、Facebookの時価総額は約5500億ドル(59兆円)と見積もられており、Libraが立ち上げられた場合は、その影響は無視できない

Facebookのホワイトペーパーによれば、Libraはマスターカード、VISA、ペイパル、ブッキング・コムなどからそれぞれ1000万ドル(約11億円)以上の出資を受けている。さらにLibraアソシエーションは、100以上もの創立団体によって構成されていて、このプロジェクトの信頼性は担保されている。

同氏は、「歴史を振り返れば、巨大なプレイヤーがある分野に参入した時、他のあらゆる大手の競争者も続けて参入する傾向が見受けられる。Libraの立ち上げと共に、仮想通貨もより大量の流通を目撃することになるだろう。ビットコインだけではなく、仮想通貨市場全体の価格を押し上げる可能性が考えられる。」と語っている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B