Bakktより早く現物決済ビットコイン先物が米国で誕生する可能性|米CFTCがLedgerXを指定契約市場として認定

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

Bakktより早く現物決済ビットコイン先物が米国で誕生する可能性|米CFTCがLedgerXを指定契約市場として認定
 

Bakktより早く現物決済ビットコイン先物が米国で誕生する可能性|米CFTCがLedgerXを指定契約市場として認定

現物決済BTC先物提供へ
米CFTCが仮想通貨デリバティブを提供するLedgerX社を指定契約市場としての認定した。Bakktで高まる現物決済のビットコイン先物提供より先に誕生する可能性が浮上、市場への影響で重要ファンダメンタルズ要因に。

ビットコイン先物を現物決済でLedgerX社が提供へ

米国の商品先物取引委員会(CFTC)が、仮想通貨デリバティブ商品を提供するLedgerX社を指定契約市場(DCM)として認可したことがわかった。LedgerX社より現物先渡し決済ビットコインの先物取引を取り扱うことが可能となる。

LedgerX社は2013年からビットコインの現物決済スワップやオプション取引を提供してきた企業で、この認可を機に、新たに現物決済のビットコイン先物取引を提供する可能性が見えてきた。具体的な開始日程は明らかにされていないが、同社COOのJuthica Chou氏はBakktよりも先に、米国で初めて現物決済のビットコイン先物を提供することに対し強い意欲を見せているという。

2017年7月から同社は米CFTCに準拠したデリバティブ清算機関(DCO)として、機関投資家を対象に仮想通貨オプションなどのデリバティブ商品を提供していたが、今回6月24日付で指定契約市場(DCM)としての認可を受けたため、CMEやCboeと同様にビットコイン先物を自主認定することが可能となる。

これまで、同プラットフォームの利用には最低1000万ドル(約10億円)を有する機関投資家が対象となっていた(スワップ取引)が、ビットコイン先物では、米国とシンガポールに在住する一般投資家にも取引範囲を拡大する予定であるという。また取引開始直後は、1万ドル相当の資金またはビットコインが必要となるが、取引開始の1年以内にはこの最低入金額をゼロに下げる予定であるとCEOのPaul Chou氏はブルームバーグに対して語っている。

Chou氏は、LedgerX社の取り組みがビットコイン先物提供に向けて動いている競合他社より「最低6ヶ月」は先を行っていると強調している。現在現物決済のビットコイン先物ではBakktが7月22日にUAT(ユーザー受け入れテスト)を行う予定であるが、早ければ来月にも新たな先物取引が米国規制下で誕生するかもしれない。

Chou氏はその他にも仮想通貨市場の上昇機関投資家の参入によってもたらされたとする多くのアナリストの見解とは裏腹に、同氏は一般投資家がここまでビットコインを現在のレベルまで押し続けたと述べた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B