車を「製品」から「サービス」に再定義。ライセンス販売とサブスクリプションの融合へ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

車を「製品」から「サービス」に再定義。ライセンス販売とサブスクリプションの融合へ

一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)は6月11日、東京・大手町で第5回スマートシティ部会を開催した。スマートシティとはIoTなどの先端技術を用いた近未来型の都市のことで、情報・通信だけでなくエネルギー、建築、物流、工業、環境などあらゆる領域にかかわる構想のことを指す。

今年新たに部会長に就任したカウラCEOの岡本克司氏は「スマートシティの範囲はとても広い」としたうえで「経産省のD-Labレポート」からもわかるとおり、今はMaaSが大きい」と説明する。MaaSとはMobility as a Serviceの略で、人や物の移動、つまり自動車や鉄道などの移動手段にかかわるサービスのことだ。

スマートシティやMaaSにおいて、ブロックチェーンはどのようなビジネスの可能性があるのか。実際の取り組みを例に挙げながら解説した。

BCCCスマートシティ部会長の岡本克司氏(カウラCEO)

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B