カカオ子会社グラウンドXが独自ブロックチェーンの運営協議会結成 日本のgumiやPUBGも参加

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

カカオ子会社グラウンドXが独自ブロックチェーンの運営協議会結成 日本のgumiやPUBGも参加

カカオ子会社グラウンドXが独自ブロックチェーンの運営協議会結成 日本のgumiやPUBGも参加

カカオ子会社グラウンドXが独自ブロックチェーンの運営協議会結成 日本のgumiやPUBGも参加

メッセージアプリ「カカオトーク」を運営する韓国カカオ傘下のブロックチェーン開発企業「グラウンドX」が、独自ブロックチェーン「クレイトン(Klaytn)」のメインネットについて、商用利用に向けた運用を正式に開始。また日本のモバイルゲーム企業gumiも参画する「クレイトン・ガバナンス協議会」を結成した。コリア・ヘラルドが6月27日に報じた

クレイトンは、分散型アプリ(Dapps)にフォーカスしたプラットフォームで、韓国国内におけるブロックチェーン技術の採用を促進することが期待されている。 またクレイトン公式ブログによると、プラットフォームガバナンス、コンセンサスノードの運用、エコシステム成長を推進する「クレイトン・ガバナンス協議会(Klaytn Governance Council)」を計23社で結成。韓国の電子機器・情報通信大手LGエレクトロニクス、バイオテクノロジー大手セルトリオン、バトルロイヤルゲーム「プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ」開発元のPUBG、日本のモバイルゲーム企業gumiといった著名企業ほか、フィリピンのユニオン銀行も参加しているという。

(クレイトン・ガバナンス協議会(Klaytn Governance Council)構成企業 出典: クレイトン公式ブログ

コリア・ヘラルドによると、グラウンドXのハン・ジェソン(Han Jae-sun)CEOは、協議会参加企業の時価総額合計は648億ドル(約7兆円)と述べたそうだ。

現在クレイトン上では、飲食店のレビューを投稿することで報酬を得られるアプリや、動画投稿アプリなど、9つの分散型アプリ(dApps)を利用可能という。カカオによると、10月までに34のdAppsが利用できるようになるそうだ。なおグラウンドXは、dAppsのことを「BApps(Blockchain Applications)」と呼んでいる。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B