ビットコイン(BTC)9日ぶりの反落、過熱感を意識し利益確定売りか|仮想通貨専門家の見解は?

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン(BTC)9日ぶりの反落、過熱感を意識し利益確定売りか|仮想通貨専門家の見解は?
 

ビットコイン(BTC)9日ぶりの反落、過熱感を意識し利益確定売りか|仮想通貨専門家の見解は?

仮想通貨朝市況
仮想通貨市場でビットコインが9日ぶりに反落。連日の上昇で過熱感が意識され売りが先行。24時間で34万円の下落幅を記録した。本日、G20と仮想通貨規制を議論するV20サミットが大阪で開催される。

仮想通貨朝市況

仮想通貨市場でビットコインが9日ぶりに反落した。1ヶ月で2倍近くまで急騰したビットコインは28日の乱高下でダウンした複数の取引所との乖離が市場を不安定化したほか、連日の上昇で過熱感が意識され売りが先行。24時間で34万円の下落幅を記録した。

AML/CFT(マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策)の国際基準となる「FATF勧告」を国同士の相互審査によって策定されたものの、28日に大阪で控えるV20(G20と共同開催される暗号資産規制に関するサミット)の内容にも警戒感が生まれている。

5月より堅調な推移で時価総額を続伸させていたビットコインは、26日に市場内ドミナンスで60%を突破。2017年5月以来のビットコイン偏重となり市場内資金が偏る「アルトドレイン」が観測されていた。

ニューマネーがビットコインに流れ込む中でも、アルトコインの時価総額に大きな変化はみられず、投資家心理の緩和が待ち望まれる状況にあったが、ビットコインが下落に転じると一転、アルトコインも相関性を強め、連れ安に。アルトコインのリスク資産性の高さが顕著に価格にあらわれた。

市場の転換点

② 市場の乱高下によって高まった出来高が影響し、米Coinbaseなど複数の取引所がサーバーダウンして一時的に機能を停止。通常稼働していた他の取引所との間で大きな価格乖離を生み出したことで、市場の不安定化や投資家心理に悪影響を及ぼした。(チャート:ピンク②)

③ シンガポール発の取引所Bitrueが、930万XRP(リップル)と250万カルダノ(ADA)をハッカーによって盗まれたことを公式ツイッターで報告。関連銘柄を中心に下げ幅が拡大した。(チャート:水色③)

いずれも、急ピッチな価格高騰によってオーバーシュートした分、市場では警戒感が生まれていた。2017年の市場高騰とはマネーフローに違いが生まれている(17年はアジア中心、19年は米国中心)ことや、CME先物出来高やグレイスケール投資信託など大口や機関投資家関連指標が急速に伸びていることを鑑みて、市場の状況は17年のバブル相場と異なるマーケットを形成している。今回は一時的な大幅調整と見ることもできるだろう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B