ビットコイン(BTC)は150万円台まで急上昇!ビットコインの今後を価格チャートから分析【2019/6/27】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン(BTC)は150万円台まで急上昇!ビットコインの今後を価格チャートから分析【2019/6/27】

ビットコイン(BTC)は150万円台まで急上昇!ビットコインの今後を価格チャートから分析【2019/6/27】

ビットコインの今後を価格チャートから分析【2019/6/27】

ビットコイン(BTC)の価格チャートは現在強い反落を見せる

6月に価格を上昇させてきたビットコイン(BTC)は6月26日より上昇の勢いを強め、上値を一気に150万円台まで伸ばす暴騰を起こしました。連日価格を伸ばしているビットコイン(BTC)は現在強い反落を起こしています。今後ビットコイン(BTC)は再び上昇への値動きを見せるのでしょうか?チャートを確認していきます。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

BTC/JPYの4時間足チャートを分析していきます。6月に入り、上昇チャートを形成してきたビットコイン(BTC)は6月26日に最初の目標となっていた節目の130万円台を勢いよく突破し、そのまま上値を150万円台まで伸ばしました。
150万台接触後のビットコイン(BTC)はそれまで大きく溜まっていた買い注文量を一気に解消する動きと共に現在123万円台まで強い反落を見せています。

150万円台まで上昇後、買い注文量を一気に解消しながら反落を起こしたビットコイン(BTC)、その買い注文量は既に6月26日の暴騰前の量まで戻っており、暴騰に合わせて溜まっていた短期的な買い注文量は既に多くが解消されたものと考えられます。

そんな中、買い戻しを図りたいビットコイン(BTC)ですが、既に最初にサポートラインとして意識されやすかった過去のレジスタンスラインである128万円台は下方へブレイクしています。そのため今後サポートラインとして今後意識される価格帯が正に現在接触している123万円台ということになります。123万円台は6月に入ってからの上昇チャートに対するフィボナッチラインに当たる価格帯であり、反発が起きやすい価格帯と言えるでしょう。

また6月26日からの約20万幅を超える暴騰チャートに対して、売り注文量は減少の動きとは逆に更に上昇する値動きを見せました。暴騰に対して強制決済が起きなかった点、上昇チャートに合わせて溜まった売り注文量という点から、現在の売り注文量は大口によるものが多いと考えられやすく、今後引き続き大口による上昇への仕掛けも考えられる展開となっています。

本日6月27日までに上値を150万円台まで暴騰後、123万円台まで反落しているビットコイン(BTC)、現在フィボナッチラインに支えられているビットコイン(BTC)は、現在の価格帯でしっかりと支持される動きを見せることが出来れば、再び上昇方向への値動きに期待が出来る相場となります。

しかし現在の価格帯を大きく割る場合、ビットコイン(BTC)の反落は更に継続する可能性が高いと言えるでしょう。

まずはフィボナッチラインである123万円台での継続したサポートに注目しましょう。ビットコイン(BTC)が強いサポートを受ける場合、上値は132万円台まで期待できる相場ということになります。
仮に現在の価格帯を割る動きを見せる場合、下値は120万円台まで意識しなければならない相場となるでしょう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B