東工大の首藤准教授ら、パブリックブロックチェーンのシミュレータSimBlockを開発

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

東工大の首藤准教授ら、パブリックブロックチェーンのシミュレータSimBlockを開発

SimBlockはブロックチェーンネットワークの可視化機能を備える

東京工業大学の首藤一幸准教授の研究グループおよびサイバーセキュリティ研究センターは、パブリックブロックチェーンのネットワークの挙動をPC上で実験し性能や安全性を検証できるシミュレータ「SimBlock」を開発した(プレスリリース)。オープンソースソフトウェアとして公開する。

SimBlockを使うと、1台のPC上で、多数のノードがインターネット上で地理分散して動作するパブリックブロックチェーンの動作のシミュレーション(模擬実験)を実施できる。インターネット上のテスト用途のネットワーク(テストネット)で試すより、はるかに手軽かつ素早いサイクルで実験できる。

現状のSimBlockは、Bitcoin、Litecoin、Dogecoinの各プロトコルのシミュレーション機能が組み込まれていて、ブロックチェーンの規模、ブロック生成間隔、インターネットを経由するノード間通信時間の各パラメーターを変更してシミュレーションを実施できる。Java言語で記述したSimBlockのコードに変更を加えることで、プロトコル変更(ノードの挙動の変更)によって何が起きるかをシミュレーションにより確認できる。ノード間通信とブロック高をアニメーション表示する可視化の機能を備える。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B