JPモルガンCEOダイモン氏: 仮想通貨が「ランチを奪いに来る」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

JPモルガンCEOダイモン氏: 仮想通貨が「ランチを奪いに来る」

しかし、この発言から2年以内(2019年2月)にJPモルガンは独自コイン発行を発表

また、ウォーレン・バフェット氏が「ビットコインではなくブロックチェーン」というスローガンを依然として復唱している中でも、フェイスブックやマスターカードを始めとする名だたる企業は仮想通貨を手掛けるようになった。
 

☞FBザッカーバーグ氏:金融システムをフェイスブックだけで作れない

 
そんな中、ウォールストリートは仮想通貨に対して今どのような見解を持っているのだろうか。

JPモルガンCEOジェイミー・ダイモン氏とゴールドマンサックスCEOデイビッド・ソロモン氏が、仮想通貨やブロックチェーン技術についてそれぞれのインタビューで言及した。
 
 
JPモルガン、ついに仮想通貨を「競合相手」として認識か
 
一般的な銀行よりも100倍以上の資本(約115億ドル)をテクノロジー投資へ注ぎ込んでいるJPモルガンのCEOダイモン氏によると、フィンテックや新たな決済システムが誕生することで生まれる「競争は良いこと」だという。
 

Highlight: “Business confidence is very high, but it’s been rattled a little bit by trade,” @jpmorgan CEO Jamie Dimon says. “The better thing is to have a deal with China … a resolution would be good but we don’t expect a quick resolution at this point.” https://t.co/Jb7k9twFHf pic.twitter.com/DpR4Jg2aVN

— Yahoo Finance (@YahooFinance) June 25, 2019

 
フェイブックが指揮を執る「リブラコイン」の話題が挙がったYahoo Financeのインタビューで、ダイモン氏は次のように発言した。
 

ブロックチェーンは本物だ。私たちにはJPMorgan Coinブロックチェーンがある。そして競争も現実にあるものだ。どのように使い、どのように送金するかなどお金関連のことには深刻な問題があると思うが、それは政府の問題だろう。

☞JPMコインについてはこちら!

 
また、仮想通貨がJPモルガンに対する実存的な脅威かという質問に「そう思わない」と即答したダイモン氏は、既存の銀行システムが「安価で、セキュリティが高く、機能する」ことを強調。

それでも、仮想通貨の潜在的な「disruption (破壊的創造)」に関して、ダイモン氏は少なからず認識しているようだ。
 

仮想通貨だろうがフィンテックだろうが競争相手は登場する…(競争相手は)存在し、(これから)勢力を広げ、(私たちの)ランチを奪いに来るだろう。

 
BTCの「潜在的な価値」について最近言及したことで話題となったJPモルガンのCEOが、仮想通貨を「競争相手」の一つとして捉えていることは、仮想通貨が米金融機関によって認知され始めたことを示唆するかもしれない。

実際にも、仮想通貨に対する悲観的な姿勢を改めた金融大手はJPモルガンだけではなく、ゴールマンサックスも再びブロックチェーン分野への高い関心を示している。
 

« Chez Goldman Sachs, nous n’anticipons pas de crise financière majeure en 2020 » >> https://t.co/p0VLN3czRY

— Les Echos (@LesEchos) June 28, 2019

 
仏メディアLes Echosのインタビューに応じたゴールドマンサックスCEOソロモン氏によると、同社は運営コスト削減や顧客サービス向上などのメリットが期待されている資産の「トークン化」に関する広範な研究を行っており、支払いシステムの将来はブロックチェーン基盤になると考えているという。

また、FATFによって国際的な仮想通貨規制が推奨されている中、ソロモン氏は「規制の進化があることは確かだろう」とコメントした。

(もちろん意義のある仮想通貨の定義については様々な意見があるものの)従来の金融機関を代表するような著名人達が仮想通貨に対して「悲観的」でなくなったことは、当業界にとって前向きな発展と言えるだろう。

ゴールドマンサックスCEOの発言からも、これから企業によって数多くのコインが発行されることが予想される中で、これまで新興企業が中心だった仮想通貨革命が今後どのような展開を迎えるかに注目だ。
 
 

☞PwCストラテジーの「ICO/STOマーケット」近状報告:クリプト冬は終わりを迎えた

☞ついに花開く!LedgerXの「現物決済」を採用したBTC先物ローンチへ

☞勢い溢れるビットコイン、BTC価格が「11,700ドル」を撃破する展開へ
 
 
PickUpストーリー
 
 
☞Bitcoin.com代表取締役が語る「鉛筆から学んだ衝撃的な発見について」

☞BTC強気市場は始まった!?ポンプリア―ノ氏:「最高値2万ドル更新はすぐ」

Blockstream創設者が語る「デジタルゴールドが生まれたきっかけについて」

トップページに戻る

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B