内部告発の時に仮想通貨ビットコインを活用 スノーデン氏が明かす

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

内部告発の時に仮想通貨ビットコインを活用 スノーデン氏が明かす

内部告発の時に仮想通貨ビットコインを活用 スノーデン氏が明かす

内部告発の時に仮想通貨ビットコインを活用 スノーデン氏が明かす

ロシアに亡命中のエドワード・スノーデン氏は、2013年に米諜報機関NSA(米国家安全保障局)の内部告発情報をジャーナリストにリークする際、利用したサーバーの料金を仮想通貨ビットコイン(BTC)で支払っていた。サンフランシスコで開かれたカンファレンス「ビットコイン 2019」にスノーデン氏がビデオ出演し、明らかにした

スノーデン氏は、2013年当時、NSAの下請け業者として働いていた。その際、大手IT企業と政府は、電子メール記録や通話記録などを監視するプログラムPRISMを運用していたことを内部告発した。

ビデオ出演したスノーデン氏は、誰にも知られることなく、また記録されることなく交換・取引できることが「すべての権利の基礎である」と説明。ビットコインは、監視が強化された時代において、プライバシーの確保する手段であると述べた。

またスマートフォンやSNSが、将来プライバシーを保護する権利に及ぼす悪影響について警告し、次のように付け加えた。

「かつて政府は(電話を介して)監視していたが、今や我々が(利用料を)支払っているすべての機器による監視が可能だ。その状態ではプライバシーは存在せず、『自由』は自然な状態ではなくなっている」

またBTCは主に犯罪者によって利用されているという批判に対して、「多くの犯罪者はドルを使用している」と反論した。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

【関連:「プラバシーの欠如は仮想通貨ビットコインにとって脅威」亡命中のスノーデン氏が発言

 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B