26日のビットコイン(BTC)急騰時、BitMEXで5億ドルのショートポジションが強制清算に

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

26日のビットコイン(BTC)急騰時、BitMEXで5億ドルのショートポジションが強制清算に

26日のビットコイン(BTC)急騰時、BitMEXで5億ドルのショートポジションが強制清算に

ビットコイン(BTC)の急騰で多くのロスカットが発生

先週、ビットコインの取引活動は過去最高記録を更新し、ビットコイン(BTC)価格は18ヶ月ぶりの最高値に達しました。しかしその一方で、BitMEXでは大量のショート・ポジション(空売り)が強制清算(ロスカット)されていた。

6月26日(世界標準時)、CME(シカゴマーカンタイル取引所)では過去最高の16億ドルもの取引高を記録しました。オープンインタレスト(未決済の約定を示す建玉)は3億7,300万ドルを記録しました。

この日、世界最大のビットコインデリバティブ取引所BitMEXでは、5億ドル以上ものショートポジションが強制清算されていました。

「XBTUSDのオープンインタレストが10億ドルを突破した直後に市場は反落した。」

調査機関Skewの投稿によると、26日の24時間で5億ドルが清算されました。大部分はショートサイドです。

6月29日時点、BitMEX(ビットメックス)の清算保険ファンドは、29,045 BTCとなっている。これは、6月月初の27,310 BTCから6.3増となる。BitMEXのデータによると、2017年1月の保険ファンドは162 BTC、2018年1月1日に2,720 BTC、9月に12,000 BTCを超え、今年1月に21,366 BTC(7,750万ドル:約85億円)に成長していた。より多くのトレーダーがREKT(ロスカット)するにつれて、このファンドは膨らみます。

「CMEでは、ここ数カ月間でビットコイン先物取引量が目覚しい成長を遂げ、機関投資家の関心が高まっている。」と6月20日にCMEが報告した。

CMEビットコイン先物のオープンインタレストは4日連続で過去最高値を更新し、6月20日に5,827枚が取引された(1枚当たり5BTC=29,135ビットコイン=想定元本〜2億8000万ドル)。先週金曜日比25%増となる。

商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、ヘッジファンドマネジャーなどの機関トレーダーは弱気のポジションを取っている。と、ウォールストリートジャーナルは25日に伝えた。当時のCFTCの報告によると、マネーマネジャーはCMEビットコイン先物取引で約14%多くショートポジションを持っていた。

ヘッジファンドマネジャーのショートポジションは必ずしもビットコインに対する「空売り」を意味するわけでは無い。ヘッジ戦略も含まれる。ポートフォリオにビットコインを持つファンドは、ビットコイン価格の低下に対する保険としてCMEで補う可能性があります。

一方、より小規模な投資家は強気のままです。CFTCの25日のレポートによると、ビットコインの契約数が25 BTC未満のトレーダーは、4倍多くのロングポジションを保有しています。

報告可能なトレーダーが委員会に特定されると、そのトレーダーは「商業的(Commercial)」または「非商業的(Non Commercial)」のいずれかに分類されます。ヘッジのためにその特定の商品の先物契約を使用する場合、トレーダーが報告した商品の先物ポジションはすべてコマーシャルとして分類されます。

「報告不可能なポジション(Nonreportable Positions)」は、関与するトレーダーの数および各トレーダーの商業的/非商業的分類は不明です。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B