幅広いステークホルダーとのオープンな議論がブロックチェーンを強固なインフラへと育てる

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

幅広いステークホルダーとのオープンな議論がブロックチェーンを強固なインフラへと育てる

6月12日から14日、幕張メッセ(千葉県)にてインターネット技術の展示会とコンファレンスであるインターロップ東京2019(Interop Tokyo 2019)が開催された。この記事では基調講演として行われた「インターネットから見たブロックチェーンの発展」について、その概略をレポートする。

会期初日の夕方に開催されたこの基調講演は、パネルディスカッション形式で行われた。

スピーカーとして登壇したのは慶應義塾大学環境情報学部教授で慶應義塾大学SFC研究所ブロックチェーン・ラボ代表の村井純氏、ジョージタウン大学教授の松尾真一郎氏、東京大学生産技術研究所教授の松浦幹太氏、セルビア科学芸術院数理研究所所長のミハエルビッチ・ミオドゥラグ氏、NTT西日本技術革新部 R&Dセンタ真殿由美子氏の5名で、モデレーターは慶應義塾大学SFC研究所ブロックチェーン・ラボ副代表の鈴木茂哉氏だった。なお、松尾氏は海外からビデオシステムによる遠隔参加となった。

基調講演の様子(写真左から鈴木茂哉氏、村井純氏、松浦幹太氏、ミハエルビッチ・ミオドゥラグ氏、真殿由美子氏)

松尾真一郎氏(スクリーン上)

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B