米連銀総裁「ビットコインはゴールドのように価値貯蔵手段」|米ドル準備通貨制度を弱める可能性も

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米連銀総裁「ビットコインはゴールドのように価値貯蔵手段」|米ドル準備通貨制度を弱める可能性も
 

米連銀総裁「ビットコインはゴールドのように価値貯蔵手段」|米ドル準備通貨制度を弱める可能性も

米連銀総裁、BTCの役割を肯定か
連邦準備制度理事会の総裁は米国会上院の公聴会にて、ビットコインをゴールドに比較した。仮想通貨が普及すれば国の準備通貨というシステムの必要性を無くす可能性を否定せず。

FRB総裁 「ビットコインはゴールドのように」

連邦準備制度理事会の総裁Jerome Powell氏は、11日に行われた米国会上院銀行委員会の公聴会にて、ビットコインについて証言を行なった。

Powell氏は、ビットコインの本来のビジョンである「決済手段」を否定し、「価値貯蔵手段(ストア・オブ・バリュー)」であると指摘した。

ビットコインを利用する人はほとんどいない。ゴールド(金)のように使っているのだ。

ビットコインは投機性の高い価値貯蔵手段

このように、Powell氏はビットコインの価値貯蔵手段の特徴と、そのボラティリティを取り上げて言及した。

米大手仮想通貨投資ファンドグレースケールの親企業DCGのCEOを務めるBarry Silber氏は、Powell氏の発言を受け、ビットコインが近い将来、ゴールドに取って代わるのではないとその可能性に期待感を寄せている。

5月、グレースケールのテレビCM「ゴールドへの投資を取りやめる (#DropGoldキャンペーン)」で業界内外でも話題となっていた。複数銘柄の仮想通貨ファンドを運用しながらも、ビットコインへの投資比重が最も高いグレースケールはこのCMを通じて、ビットコインが代表する仮想通貨が描く未来を訴えかけた。

一方、FRB総裁のPowell氏のビットコインに対する見解は、「仮想通貨の利用普及が準備通貨の必要性を弱める、あるいは無くす可能性はあるか」との質問に答えたものだ。

Powell氏は、「仮想通貨の利用普及はまだ見受けられていないが、不可能ではない。仮にビットコインなどが普及し準備通貨(米ドルがグローバル準備通貨)の必要性を無くすことが起きれば、複数の通貨を利用していた米国の時代に戻るかもしれない。」と語った。これを受け、総裁がビットコインなどの可能性を認めたとの見解も見られている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B