ビットコイン再び1万ドル割れ|「すべての報酬を仮想通貨リブラで受け取る」上院公聴会

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン再び1万ドル割れ|「すべての報酬を仮想通貨リブラで受け取る」上院公聴会
 

ビットコイン再び1万ドル割れ|「すべての報酬を仮想通貨リブラで受け取る」上院公聴会

ビットコイン1万ドル割れ、リブラの公聴会ショックか
BTCは再び1万ドルを割り大幅に下落している。17日に開かれたフェイスブックとリブラをめぐる上院公聴会で、議員らはデータプライバシーや信頼問題で詰問した。

ビットコイン1万ドル割れ、リブラの公聴会

ビットコインは日本時間17日、10,000ドルを割り、前日比-11.45%の下落幅を記録している。執筆時、9400ドル(約102万円)のラインを推移している。

ビットコインの1万ドル割れは、6月21日の突破以来、今回を含め計4回になった。

下落を誘発した要素として、テクニカル的要素のほか、米上院で開かれた初めてのフェイスブックに対するリブラ公聴会もその要因とされている。

信頼問題:フェイスブックを詰問した公聴会

しかし、この公聴会の重点はむしろ仮想通貨リブラでなく、フェイスブック社のデータプライバシーの取り扱いに対する強烈な不信感だった。

民主党の幹部議員Sherrod Brown氏は初めに「フェイスブック社は危険であり、アメリカ大衆の信頼に値しない」と、痛烈批判を繰り出した。Brown議員や同席のMcSally議員は仮想通貨リブラに関する質疑を始める前に、フェイスブックがこれまでのプライバシースキャンダルがユーザーや国民の信頼を損なっていることを非難した。

リブラ協会のスイスにおける設立に対して、Brown氏は再び不信感を示した。

リブラ協会の構造や利害関係について、Marcus氏はひと月前に公開したホワイトペーパーを用いてフィードバックを募集していると説明し、「リブラ協会の企業が利害関係をどのように取り扱うか、ローンチするまで様々な工作を行う必要がある。」と解釈したが、Marcus氏の説明が不十分と見なす見解も見られている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B