仮想通貨市場下落に繋がった米公聴会、明日に控える下院の方向性を探る

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨市場下落に繋がった米公聴会、明日に控える下院の方向性を探る
 

仮想通貨市場下落に繋がった米公聴会、明日に控える下院の方向性を探る

米共和党リーダーが自身の見解を説明
米下院議員の共和党リーダーKevin McCarthy氏が、ビットコインの非中央集権的な性質やセキュリティの仕組みを支持する一方で、リブラに関しては厳しく追及すると公表。明日開催される下院の公聴会を同発言から読み解く。

米共和党リーダーがビットコインを支持

米共和党のリーダーKevin McCarthy下院議員は、ビットコイン(BTC)の非中央集権的な性質やセキュリティの仕組みを支持する一方で、リブラに関しては厳しく追及すると、米経済番組CNBCでのインタビューで明かした。

今回の発言から、17日の市場下落に繋がった米上院の公聴会に続く形で予定される下院金融サービス委員会の内容を読み解く鍵となる可能性が見えて来た。今回はビットコインへの発言とリブラへの発言から、業界への温度感を、下院共和党リーダーの発言から読み解く。

ビットコインにも不安な側面としては、犯罪やマネー・ロンダリングなど悪用される可能性がある点を上げ、「ビットコインは本当に必要な領域で利用されていない」と説明した。

一方で、リブラに対しては上院の議員や米政府と同様に厳しい見解を述べた。

リブラに対する見解

明日18日には、下院金融サービス委員会でも同様に公聴会が開催される。よって、Kevin McCarthy下院議員の発言は、市場における一つの考え方として参考になる。

では、フェイスブックが支援する仮想通貨リブラを批判するMcCarthy氏の見解を見ていく。

「フェイスブックのユーザーは、フェイスブックの客ではなく商品だ。無料でフェイスブックを利用するかわりに、自分のデータを提供している」と語り、リブラが市場を独占すると、痛烈に批判した。

なお、18日に下院金融サービス委員会が開くリブラの公聴会では、競合する企業を排除する可能性があるかを見極めたいと話した。これは、リブラ協会に登録される企業で世界的な独占市場を担っていくのではないかとの懸念を示したものと思われる。競合する大手IT企業などの市場参入をけん制している可能性を追及するという。

これまで下院金融サービス委員会はリブラに対し批判的な立場をとってきた。同委員会のMaxine Waters理事長は「リブラプロジェクト」の一時中止を求めており、その要求に他の議員や団体も賛同するなど、批判の動きは拡大している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B