国際通貨基(IMF)、デジタル通貨が現金や銀行預金を凌駕する可能性を指摘

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

国際通貨基(IMF)、デジタル通貨が現金や銀行預金を凌駕する可能性を指摘
 

国際通貨基(IMF)、デジタル通貨が現金や銀行預金を凌駕する可能性を指摘

国際通貨基(IMF)、デジタル通貨が現金や銀行預金を凌駕する可能性を指摘
IMFは「デジタル通貨の台頭」と題した論文の中で、現在最も一般的な現金や銀行預金が、急速に普及しつつある電子マネーによって厳しい競争に晒され、凌駕される可能性も考えられると主張した。

国際通貨基(IMF)、デジタル通貨が現金や銀行預金を凌駕する可能性を指摘

国際通貨基金(IMF)は7月15日に発表された最新論文で、新しいデジタルマネーを分類し、そのリスクや影響を検討するとともに、現行の金融システムの要を成す銀行業界に与える影響や、中央銀行が検討すべき対応について提言した。

「デジタル通貨の台頭」と題した論文の中で、IMFは現在最も一般的な現金や銀行預金が、急速に普及しつつある電子マネーによって、厳しい競争に晒され、凌駕される可能性も考えられると主張している。 

しかし、大手ハイテク企業や新興フィンテック企業が、現行の金融システムに益々大きな影響を与えるようになる中、銀行業界の混乱は避けられないと考えられるため、金融政策を立案する立場にある為政者は、その状況に備えることが重要であると説いている。 そして、銀行は時代に取り残されないために、「急いで進化する」必要があると警告した。 

五つの異なる決済方法 

電子マネーのリスク

(1)中央銀行発行通貨:法定通貨(中央銀行デジタル通貨の概念も含む)

(3)bマネー:現在銀行が発行 商業銀行預金等 政府による償還保証

(5)i マネー:(=investment money 投資マネー)民間投資ファンド発行 

株式のような商品。金に裏付けられた例として、Digital Swiss Gold(DSG)がある

「i マネー」は、民間投資ファンドの株式をトークン化することで、新しい支払いの方法としての可能性を持つが、その一例として、フェイスブックのリブラプロジェクトを取り上げている。 「銀行預金や短期国債のバスケット」によって裏付けられるリブラは、一般の電子マネーとは一線を画すとして、「i マネー」に分類された。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B