米フェイスブック主導の仮想通貨リブラで注目された、米国の「公聴会」とは

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米フェイスブック主導の仮想通貨リブラで注目された、米国の「公聴会」とは
 

米フェイスブック主導の仮想通貨リブラで注目された、米国の「公聴会」とは

「リブラ」で注目された米国の公聴会とは
7月17日に開催された米上院銀行委員会の仮想通貨リブラに関する公聴会が注目を集めた。当ページでは、米国会の公聴会の目的と意義について、過去の影響を含めて解説する。

世界の注目を集め、世論に影響も

17日に開催された米上院銀行委員会の「リブラ」に関する公聴会は米国のみならず、仮想通貨業界内外からも注目を集めている。なお、フェイスブックとリブラをめぐる公聴会は18日にもう1つ、下院金融サービス委員会により開かれる予定だ。

そもそも「公聴会」とは何か。

もともとは非公開を原則としていた公聴会だが、1973年当時の「ウォーターゲート事件」から、原則として公開されるようになっている。

政府高官や連邦準備理事会(FRB)など公的機の幹部のほか、国民的な関心を集める事案では、企業の経営者を呼ぶこともあり、2010年2月にトヨタ自動車の豊田章男社長が、当時起こった大規模リコール問題で米下院監督・政府改革委員会の公聴会に出席し話題になったことを記憶している方も多いだろう。

過去にもザッカーバーグ氏らが出席

委員会は参考人に対して宣誓させることができ、参考人は自らに不利な証言を拒むことができるが、偽証が発覚すれば、最高で禁固5年の刑を科される可能性がある。

昨年9月には米上院情報問題特別調査委員会による公聴会に最高執行責任者(COO)シェリル・サンドバーグ氏がTwitterの最高経営責任者とともに、データの扱いや大統領選での選挙干渉について証言した。

注目を集める公聴会は、全米にさまざまなメディアで実況され、質問する議員にとっては絶好のアピールの機会となることもあり、政治ショーとなることに眉をひそめる向きもある。

ザッカーバーグ氏が出席した公聴会でも、フェイスブックの仕組みをほとんど理解していないように思える質問をする議員が多数いたことが話題になった。それだけに証言する側は、慎重を期する必要があるとされ、対応を誤れば、国会や国民から批判的な目を向けられることになるおそれがある。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B