米上院銀行委員会、フェイスブック公聴会後に包括的なプライバシー規制の重要性を強調

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米上院銀行委員会、フェイスブック公聴会後に包括的なプライバシー規制の重要性を強調

米上院銀行委員会、フェイスブック公聴会後に包括的なプライバシー規制の重要性を強調

米上院銀行委員会、フェイスブック公聴会後に包括的なプライバシー規制の重要性を強調

米上院銀行委員会で委員長を務めるマイク・クラポ議員(共和党)、またシェロッド・ブラウン議員(民主党)は、大手ハイテク企業に包括的な方針を求めるという、仮想通貨規制に関する見解を共有したようだ。両議員は、米上院が7月16日に開催した、フェイスブックの仮想通貨リブラに関する公聴会「フェイスブックが提案するデジタル通貨とデータプライバシーに関する考察」の終了後、報道陣に対して発言した。

【関連記事:米上院議員、仮想通貨リブラでフェイスブック担当者を詰問

クラポ議員は、フェイスブックだけでなく、独自仮想通貨を立ち上げようとしているすべてのハイテク企業にとって、金融機関の安定性を確保するため監視を行う米金融安定監督評議会(FSOC)のもと、データ保護のための包括的な規制の枠組みを構築することの重要性を次のように強調した。

米国におけるデータ保護の構造を検討する必要がある。(中略)包括的なアプローチに移行する必要がある。その構造が正確にどのようなものになるかは、説明できない」

クラポ議員に対して、報道陣が「包括的なプライバシー法」を要求しているのかどうか確認すると、同議員は肯定した。

またブラウン議員は「総合的なことを行うのは難しいが、我々ができることを望んでいる」と話し、クラポ議員に同意しているように見えた。また同議員は、一般大衆がなぜ大手ハイテク企業を信頼しなくなったのかについても、コメントした。

明らかに、アメリカ人はウォール街を信頼していない。一般大衆は今や、大手ハイテク企業と大手銀行を似たものと見ているアメリカ人は、フェイスブックや他のハイテク企業による、民主主義的価値観に対する裏切りや弱体化を見てきたからだ

ブラウン議員は、米下院金融サービス委員会と協議している「Keep Big Tech Out Of Finance Act(ビックテックの金融からの排除)」法案についても明かした。これは、米大手ハイテク企業が仮想通貨などのデジタル資産サービスを運営することを禁止するというものだ。

「大規模な公益プラットフォームは、連邦準備制度理事会(FRB)が定義しているように、交換媒体、会計単位、価値保存、またはその他同様の機能として広く使用されることを意図したデジタル資産を構築・維持・運営することはできない」

ブラウン議員は、次のように続けた。

「彼女(米下院金融サービス委員会の委員長、マキシン・ウォーターズ民主党議員)がやっていることは好ましい。彼女の行動については十分把握していないが、問題を提起し、その内容を修正したいと考えている点は支持する」

【関連記事:フェイスブック、仮想通貨リブラがマネロン対策で規制遵守を強調

【関連記事:米民主党、フェイスブックなど大手テック企業の仮想通貨発行を禁止する法案を議論

 

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B