HashHub、仮想通貨のステーキング事業を開始

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

HashHub、仮想通貨のステーキング事業を開始

ブロックチェーン特化型のコワーキングスペース事業などを手がける株式会社HashHubは7月12日、ステーキング事業「Sanka Network」の提供を開始した。ステーキングは、合意形成アルゴリズムにプルーフオブステーク(PoS)を採用する仮想通貨におけるマイニングの総称。同サービスはマイニングプールのステーキング版のようなものだ。

マイニングでは計算能力によってブロックの生成者が決定するが、ステーキングでは、通貨の保有量によってブロックの生成者が決定する。Sanka Networkでは、ユーザーは保有している仮想通貨を預けること(厳密にはSanka Networkに預けるわけではなく、専用のウォレットなどを介してステーキングに参加する形式)で、その量に応じて金利が得られるサービスとなる。

同サービスはCosmos(ATOM)、Tezos(XTZ)、IOST(IOST)の3つの仮想通貨に対応する。今後数か月で対応通貨を拡充する予定とのこと。

マイニングとステーキング

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B