Pundi X(NPXS)、世界150ヵ国で展開する大手POSメーカーVeriFoneと提携

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

Pundi X(NPXS)、世界150ヵ国で展開する大手POSメーカーVeriFoneと提携

Pundi X(NPXS)、世界150ヵ国で展開する大手POSメーカーVeriFoneと提携

Pundi X(NPXS)がVeriFoneと提携-仮想通貨ニュースサイト コイン東京

12日、Pundi X(NPXS)チームは、独自の仮想通貨決済システム「XPOS」を、米国のPOSシステムベンダーVeriFoneの単体稼働型決済端末に統合した事を発表しました。

VeriFoneの「X990 Android」ベースのPOS端末に、XPOSの決済モジュールが統合されました。VeriFoneは、世界でも有​​数のPOSデバイスのメーカーです。Verifone X 990を使用している店舗はXPOSモジュールをアクティベイトする事で、従来の取引と並行して仮想通貨決済を利用できるようになります。

VeriFone X990は、VeriFoneの最新のAndroidベースのPOS端末です。XPOSモジュールを通して、その全ての機能がインストールされるので、Verifone X990はXPOSのように機能します。

XPOS自体は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、バイナンスコイン(BNB)、ネム(XEM)、PundiX(NPXS)、KuCoin Shares(KCS)、Kyber Network(KNC)での支払いをサポートします。XPOSは、専用のカード「Pundi XPASS」やアプリ「XWallet」で利用できます。トランザクションの最中に、フィアットと仮想通貨の交換レートが自動的に提供され、消費者と店舗にとってシームレスに決済処理されます。

Pundi Xがアクティブ化されたVerifone X990が設置された加盟店で、消費者は簡単に仮想通貨を補充したり使用することができます。Verifoneのアジア太平洋地域代表、Yiannos Papadopoulos氏は、「X990でブロックチェーン技術を採用することで、パートナー店舗と仮想通貨を保有する新世代の顧客との取引方法に、革命がもたらされるだろう。」と述べています。

プレスリリースによると、VeriFoneは150カ国以上で3500万台以上のデバイスを有しています。Crunchbaseは、同社の収益を年間18億ドルと推定しています。

インドネシアのスタートアップPundi Xは、2018年1月上旬にICO(イニシャル・コイン・オファリング)3500万ドル(約40億円)を調達しました。これまでにXPOSは、アルゼンチン、オーストラリア、コロンビア、韓国、フランス、スイス、南アフリカ、台湾、アメリカ、ウガンダなど、30カ国以上に出荷されています。同社は2021年までに10万台のデバイスを、世界の小売市場に普及させることを目指しています。

2018年10月、Pundi Xは世界初のブロックチェーン電話「XPhone」を発表しました。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B