「フェイスブック主導の仮想通貨リブラは民主的なのか」下院公聴会で質疑

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「フェイスブック主導の仮想通貨リブラは民主的なのか」下院公聴会で質疑
 

「フェイスブック主導の仮想通貨リブラは民主的なのか」下院公聴会で質疑

リブラの民主性を問う
米フェイスブックが主導する仮想通貨リブラに関して、リブラ協会のメンバーの選び方とノードの選定方法に関する追及が行われた。リブラの中央集権制と市場支配が懸念されている。

リブラ協会に対する疑問

米フェイスブックが主導する仮想通貨リブラに対して行われた米国下院の金融サービスによる公聴会で、Alexandria Ocasio-Cortez議員はリブラ協会のメンバー企業の選び方について質問した

Ocasio-Cortez議員は、非民主的な方法で選ばれた、大企業が大半を占めるリブラ協会によって、リブラがコントロールされていくことを不安視している。つまり、巨大企業による独占主義ではないとの懸念だ。

フェイスブックの仮想通貨責任者であるDavid Marcus氏は、「リブラ協会のメンバーはオープンにしている」とコメントし、質問に対する返答を開始する。その中で、リブラ協会へ参加する企業の選定基準としては、リブラの目的やビジョンに賛同しているか、提示された一定の条件を満たすことができるかを基準にして選んでいると説明した。

「リブラよりも、ビットコイン」

これは、リブラの中央集権的な要素を不安視しての質問と見られるが、通貨発行における巨大ネットワークを数社が担う環境には各国から懸念がみられている。

米国会下院議員Patrick McHenry氏はCNBCにて、「政府はビットコインを排除する能力がない」としながら、中央集権的なブロックチェーンを運用する企業に対して、抑制・排除することができると話した。(政府がイノベーションを止めるべきではないとの発言も)

一方、公聴会に有識者枠で招待されたイギリスの仮想通貨ファンド企業CoinSharesのCSOは、リブラが根本的に非中央集権の要件を満たしていないと指摘。「リブラは仮想通貨ではない」と発言するなど、ビットコインなどの仮想通貨とリブラをわけて考えるべきであると指摘する。中央集権と指摘する理由には、リブラ協会が裏付け資産を管理する内容やノードの管理企業の構成などが挙げられた。

このように、リブラをめぐる「中央集権・非中央集権」との議論は、単なる企業の経済的寡占のみならず、仮想通貨というもののビジョンにも関わっている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B