ビットコイン(BTC)が100万円台を維持した理由 米公聴会における温度感の変化と今後の注目点

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン(BTC)が100万円台を維持した理由 米公聴会における温度感の変化と今後の注目点
 

ビットコイン(BTC)が100万円台を維持した理由 米公聴会における温度感の変化と今後の注目点

ビットコイン(BTC)が100万円台を維持した理由
2日連続で行われた公聴会。上院の追及内容に対し、下院では仮想通貨市場に影響が及ばなかった理由を解説。今後の注目ポイントも併せて掲載。

BTCが100万円台を維持した理由

18日に2度目の米公聴会「下院」を終えた仮想通貨市場は、昨日ほどの売られる場面こそなかったものの、軟調な相場が継続している。

昨日(17日)、一時100万円を割り込んだビットコインは、押し目買いを誘発する形で107万円まで反騰するも、買いが続かず。ハッキング事件や各国政府や機関から出されるバッシングに市場心理も冷え込んでいることが影響した。

前回1万ドル到達時点でも同様の押し目買い誘発が確認されているが、市場の方向性は変わらず。明確な目先の材料がない市場では厳しい状況が続いている。

なお、現相場における市場の関心は、リブラの動向とそれに伴う仮想通貨市場への影響だ。

リブラの下院公聴会

すでに市場が織り込んでいると見ることもできるが、上院と下院の公聴会では、追及される内容に大きな変化があったこともその理由にある。

米公聴会の追及内容とその間の米国会議議員の発言の違いは以下の通りだ。

上述するように、市場下落に影響を及ぼした上院の公聴会では、リブラの技術的側面ではなく、法定通貨など国際的な(主に米ドル)通貨体制の脅威になる発言が相次いだほか、フェイスブックに対するやプライバシーの問題、根本的なフェイスブック社の信頼を追及する場面が見られた。

一方、18日に開かれた米下院の公聴会は、フェイスブックのデータプライバシーや信頼問題、国際金融システムへの懸念だけでなく、仮想通貨リブラの存続やリブラ協会の中央集権的な特徴なども議論の中心に置かれた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B