人々の「関心度」から仮想通貨価格を分析するアルゴリズム ヘッジファンドらが着手

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

人々の「関心度」から仮想通貨価格を分析するアルゴリズム ヘッジファンドらが着手
 

人々の「関心度」から仮想通貨価格を分析するアルゴリズム ヘッジファンドらが着手

人々の「関心度」から価格分析が可能なアルゴリズムの開発に注目が集まる
インターネット上のあらゆるSNSから人々の「関心度」を収集し、価格シグナルを突き止めるアルゴリズム開発にヘッジファンドなどからの注目が集まる。「説明できない」価格変動を予測することに多額の投資が集まる見込み。

機関投資家「センチメンタル分析」に注目

ヘッジファンドやアセットマネージャーは今、人々の「関心度」に注目して仮想通貨の値動きを予測するアルゴリズムの開発に乗り出そうとしている。英大手報道機関ロイター通信によると、値動きに起因する要素を突き止めるために、SNSを解析する「センチメンタル分析」を行うアルゴリズムの開発への投資が集まろうとしていることが明らかになった

彼らの目的は、TwitterやTelegram、LINEやインターネット上の掲示板Redditといった様々なSNSの「ノイズ」を収集し分析することで、価格変動の「シグナル」を抽出することを可能にすることである。そのための精緻なアルゴリズムへの注目が高まっている。

今回注目されているアルゴリズムは価格そのもののデータ分析ではなく、人々の発言から感情の高まりを突き止め、価格に反映する点で従来のコンピューターによるものとは異なる。そしてこれはすでにエクイティや外為には適用されている。

このような注目の背景となったのは、現状の価格分析に対する限界があるとの見方もある。今年に入って急騰した仮想通貨の価格高騰を確固たるロジックを以って説明することは難しい。さらに、フェイスブック社が独自仮想通貨リブラを公式発表した6月18日には、グーグル検索での仮想通貨に関する検索件数が過去3ヶ月の中で最大となった。

一方で、現状は開発コストからその複雑性までハードルやリスクは高い

このような多額の資金を用いても開発の価値があるという見方も多く、今後各社の分析の進捗に注目が集まる。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B