仮想通貨取引所フォビ、ステーブルコイン「HUSD」をERC-20トークンへ移行 パクソスと連携

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨取引所フォビ、ステーブルコイン「HUSD」をERC-20トークンへ移行 パクソスと連携

仮想通貨取引所フォビ、ステーブルコイン「HUSD」をERC-20トークンへ移行 パクソスと連携

仮想通貨取引所フォビ、ステーブルコイン「HUSD」をERC-20トークンへ移行 パクソスと連携

仮想通貨取引所フォビは、現在のステーブルコインシステムのHUSD(フォビUSD)トークンをERC-20トークンへ移行する。仮想通貨スタートアップのステーブル・ユニバーサル、仮想通貨カストディ(保管)を手掛けるパクソストラストと連携して実施する。7月17日にプレスリリースで発表した。

ステーブル・ユニバーサルは、米ドルとペグする新たなERC-20HUSDトークンを開発する。また、ユーザーは口座を開設することでHUSDを米ドルに1対1で購入できる。同社はさらに第三者と連携して、スマートコントラクト監査を実施し、オンチェーンの取引をモニタリングする。

パクソスは、ニューヨーク州金融当局の規定に準拠するカストディアンで、ステーブルユニバーサルでの口座開設にあたって、顧客確認やアンチマネーロンダリングに向けた処理などを管理する計画だ。

フォビは、HUSDトークンを扱う最初のプラットフォームとなるとされる。近日中に現行のシステムから切り替えの予定で、その後に他の仮想通貨取引所、ウォレット、プラットフォームも続くとしている。

パクソス・アジアの共同創設者でCEOのリッチモンド・テオ氏は、「HUSDトークンを動かすサービスとしての信用を提供できることを誇りに思う。これは、他の改革者が、我々の独特の標準化されたステータスを使用して現金および資産を広域にわたる仮想通貨市場導入を支援する、安全で信頼できる完全に裏付けされたソリューションを生成できる新しいモデルだ」と述べている。

 

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B