JPモルガンCEO「ブロックチェーンについて7年間検討してきた。フェイスブックへの言及は時期尚早」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

JPモルガンCEO「ブロックチェーンについて7年間検討してきた。フェイスブックへの言及は時期尚早」

JPモルガンCEO「ブロックチェーンについて7年間検討してきた。フェイスブックへの言及は時期尚早」

JPモルガンCEOがLibraについて言及-仮想通貨ニュースサイト コイン東京

J.Pモルガンチェースのジェイミー・ダイモンCEOは、フェイスブックの仮想通貨Libra(リーブラ)が短期間で銀行に影響を与えることはないと語った。16日、CNBC電話インタビューでダイモン氏は以下のように述べた;

「広い視野で、私たちは7年間ブロックチェーンについて協議してきた。それでも、実現したものはわずかだ。おそらく我々がLibraについて話すものは3年後になるだろう。この件にあまり多くの時間をかけたくない。」

JPモルガンは、世界の決済環境を変える可能性があるデジタルコイン「JPMコイン」を今年2月に発表した。このイニシアチブは、米国の規制の範囲内に留まる。

フェイスブックが先月Libraプロジェクトを発表してから、世界中の中央銀行と規制当局が懸念を表明した。先週、トランプ大統領は、フェイスブックは銀行取得して、規制に従わなければならないとツイートした。

ダイモン氏はまた、金融危機後に台頭してきた仮想通貨業界に対して、厳格なマネーロンダリング防止規則が必要だと語った。

「私たちは競争してもかまわない。要件は常に同水準になるからだ。公平な土俵が欲しいのです。そして政府は、お金を持ち、お金を移したりする人々が、適切な統制が整っているという場所で規則に従い、生活する事を主張しようとしています。誰だってテロや犯罪行為を支援し、加担することは望みません。」

2月にJPモルガンは、米銀行初となる独自のデジタル通貨「JPMコイン」をローンチした事を発表した。米ドルの価値に相当するJPMコインは、現時点では機関投資家による資金決済を目的としています。コインはまだ試作段階にあり、今年後半にパイロットプログラムで一部の機関投資家に提供される予定です。2月14日のリリースで、同社は以下のように述べています;

「私たちは常にブロックチェーン技術の可能性を信じてきました。そしてそれらが適切に管理され、規制される限り、私たちは暗号通貨を支持します。世界的に規制された銀行として、私たちは規制当局の監督の下で責任ある方法で能力を開発するユニークな機会があると確信しています。」

「JPMコインは、顧客の取引相手や決済リスクを減らし、必要資本を減らし、即時の価値移転を可能にすることで、ブロックチェーンアプリケーションに大きな利益をもたらすことができると信じています。」

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B