JPモルガンCEO「仮想通貨リブラの影響は限定的」大手銀決済事業への打撃が指摘される中で

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

JPモルガンCEO「仮想通貨リブラの影響は限定的」大手銀決済事業への打撃が指摘される中で
 

JPモルガンCEO「仮想通貨リブラの影響は限定的」大手銀決済事業への打撃が指摘される中で

リブラが銀行の消費者金融に与える影響とは
Facebookの仮想通貨リブラの影響で、銀行の消費者向けクレジットカード事業が打撃を受けると分析する専門家もいる中、同分野で高収益部門を有する米大手銀行JPモルガンとCitiグループCEOが見解を示した。

JPモルガン、シティグループCEOらが「リブラ」に言及

フェイスブック社主導の仮想通貨リブラは、現在、世界の政財界でも大きく懸念される存在となっている。米上院銀行委員会と下院金融委員会で公聴会が開かれる一方で、フランスで開催中のG7財務相・中央銀行総裁会議でも議論され、規制による早急な対応の必要性が確認された。

国境のない金融インフラを目指すというリブラの構想は、世界の国家レベルでの懸念を引き起こすと同時に、既存の銀行業界の収益モデルにも影響を及ぼすことは想像に難くない。

米WSJ紙によると、米メガバンクのシティグループとJPモルガンのクレジットカード部門の決算は、今年4月から6月の四半期、それぞれ8%と11%以上の増収となったが、モルガン・スタンレーのアナリスト、Betsey Graseck氏は、まさにその高収益部門の手数料が、リブラによって挑戦を受け、収益が圧迫される可能性を指摘した。

シティグループ最高経営責任者の意見

JPモルガン最高経営責任者の意見

そのため、リブラが売上交換手数料のような支払いの摩擦を減らし、銀行の手数料収入の流れを脅かす可能性があると指摘した。

このような状況の中、シティグループCEOのMike Corbat氏は、リブラのホワイトペーパーを幾度か読んだことがあり、その技術に関しては否定的ではないことを明らかにした。

また、現実として、市場が変化している事実に言及するほか、
「24時間365日、リアルタイムで摩擦のない、普遍的なグローバルなお金の動きと支払いに向かって急速に変わっていく可能性が高い。」と述べた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B