R3 Cordaはデータベースの統合に強み。ノードにはHA構成を推奨

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

R3 Cordaはデータベースの統合に強み。ノードにはHA構成を推奨

日本オラクル株式会社は7月4日、ブロックチェーンエンジニア向けの勉強会BlockchainGIG #3を開催した。今回はHyperledger Fabric、Ethereum、Cordaの各ブロックチェーンを活用してエンタープライズ領域に取り組むエンジニアが講演とパネルディスカッションを行った。

TIS株式会社は、いくつかのブロックチェーンを視野に入れながら、現在はR3社が開発するCordaに注力している。同社Blockchain推進室の尾鷲達也氏と山崎清貴氏がCordaの特徴を説明した。

Cordaの特徴はデータベースの統合が楽だという点だ。関係データベース(RDB)を使えることが、他のエンタープライズブロックチェーンにないメリットとなる。さらに有償版のCordaではオラクルDBも使えるということを尾鷲氏は強調していた。また、有償版はR3社が正式に24時間365日体制でサポートする。実装上の問題など、直接質問すればすぐに回答が得られるため助かっているという。

TIS株式会社・Blockchain推進室の尾鷲達也氏

大手保険会社によるコンソーシアムB3iや、金融機関向けの不正防止ソリューションMonetaGoなど、Hyperledger FabricからCordaに乗り換えたプロジェクトがある。もちろん逆のパターンもあるというが、これらのプロジェクトではDBの統合に頭を悩ませなくて良いこと、当事者間でのみデータを閲覧できるという機密性が重視された。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B