「160万円」で仮想通貨をCoinMarketCapへ上場させる水増しサービスとは

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「160万円」で仮想通貨をCoinMarketCapへ上場させる水増しサービスとは
 

「160万円」で仮想通貨をCoinMarketCapへ上場させる水増しサービスとは

「160万円」でCMCへ上場させるサービス
仮想通貨取引高の水増しサービスを提供するGotbit社、これを利用するプロジェクトにはCoinMarketCapへの上場という目的があった。そして、水増しされた仮想通貨の未来について創業者が語る。
ウォッシュトレードとは
仮装売買のことで、売買の意思がないにも関わらず取引を行うことで、売買が繁盛に行われていると他の投資家に誤解させ、取引を誘引することを目的としている。これは、株式などの投資取引においては日本の金商法に違反する違法行為。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

「160万円」でCMCへ上場させるサービスとは

業界を正当化しようとする仮想通貨の専門家にとって、市場操作は大きな課題だ。

ロシアのモスクワ州立大学2年生のAndryunin氏は、「Gotbit」の共同創設者である。Gotbit社は、取引量が少なく目立たない仮想通貨の取引量の水増しを専門としている。同社は、仮想通貨ベンチマークのCoinMarketCapに上場するのに十分な取引量が得られるまで、トークン同士を交換するボットをプログラムするという。米仮想通貨メディアCoindesk
はAndryunin氏に取材を行なった。

米投資企業Bitwiseは、ビットコインETFの規制当局による認可を求めている企業のひとつで、ビットコイン取引量の95%が水増しされたもので、全世界の取引所の内10社のみが、取引量の水増しをせず信頼できるデータを公表していると推定している

大手仮想通貨データ分析企業CoinGeckoのCEOであるBobby Ong氏は「Gotbit社のような企業は実際に存在しており、このようなサービスを提供している企業を見つけることは、それ程難しいことではない」と述べた。また、「これらの企業のアプローチ方法として、プロジェクトのためのマーケット・メイキングができると主張して手数料で取引量を水増しする。これをウォッシュ・トレードと言い違法である」と指摘した。

CoinMarketCapへの上場が目的|上場の条件

淘汰される未来|ウォッシュ・トレードによる延命

そしてCoinMarketCapへの上場となると、15,000ドル(約160万円)と高額になる。それを実現するには、まずプロジェクトを2つの小さな取引所に上場させる必要があるという。

米アラメダ・リサーチ社は、最近の報告書の中で、世界中の仮想通貨取引所の内48社の注文と取引履歴を分析した結果、そのうち14社の仮想通貨取引所では、実際の取引量がゼロになる可能性があることを発見した。

Gotbit社によってトークンが2つの取引所に上場した後、取引量の水増しによってCoinMarketCapに上場されるチャンスがある。そのような仮想通貨は、CoinMarketCapランキングの300位〜500位のポジションにいる。

CoinMarketCapのマーケティング責任者であるCarylyne Chan氏は米仮想通貨メディアCoinDeskに対し、サイトに掲載されるには、ブロックチェーン技術の利用を含む一連の基準を満たさなければならないと語った。以下がその基準である。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B