イーサリアム活用の対戦型カードゲームSkyweaverが正式発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

イーサリアム活用の対戦型カードゲームSkyweaverが正式発表

Skyweaverの対戦画面イメージ(Skyweaver 公式サイトより引用、以下同)

デジタルカードゲームとリアルカードゲームの明確な違いは、カードの発行数にある。今日のデジタルカードゲームでは、カードは無制限に発行されるものがほとんどだ。対してリアルカードゲームでは発行数には制限があり、生産終了などでプレミアム化する場合もある。こうしたリアルカードの価値をブロックチェーンを活用してデジタルで表現するプロジェクトが、Horizon Gamesが開発するSkyweaverである。

Horizon Gamesは7月17日、Redditの共同創設者であるアレクシス・オハニアン氏から375万米ドルの出資を受けたことが複数メディアにより報じられた。同日、公式サイト上にゲームの詳細に関する情報が追加され、正式に発表された。近日中にロードマップを公開予定としている。同作は現在クローズドβテストを実施中。参加は抽選となるが、順次参加枠を拡大し募集を継続している。

Skyweaverは、EthereumのERC-1155トークンを用いてカードを発行する。発売時点でカードの発行量を決定し、流通量に応じてカード自体の価値が変動する仕組みを持つのが特長だ。対戦型カードゲームとしては、Blizzard社のHearthstoneや、CygamesのShadowverseを踏襲したゲームルールを採用している。プレイ環境は、Windows、mac、Linux、iOS、Androidに対応し、環境をまたいで対戦することも可能だ。

一般的にカードゲームでは何枚かのカードをランダムに封入したブースターパックという方式でカードを流通させる。Skyweaverでは、ユーザー間のトレードあるいは運営会社が用意したマーケットを通じて、指定したカードをETHまたはDAIで購入する仕組みとなる。ERC-1155を採用しているため、複数のカードを一度にトレードしても手数料が余計にかかってしまうということもない。

カードは複数枚まとめてユーザー間でトレード可能

ブロックチェーンゲームで課題となる参入障壁の高さにも配慮が見られる。カードの入手手段は仮想通貨で購入するほか、対戦の報酬として獲得することもできる。仮想通貨で課題となる大衆層の引き込みにおいて、一般ユーザーが初めてEthereumを手に取る機会として、期待が寄せられているタイトルだ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B