ビットコイン(BTC)暴騰で反撃の狼煙、2つの上昇要因と今後の展望|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン(BTC)暴騰で反撃の狼煙、2つの上昇要因と今後の展望|仮想通貨市況
 

ビットコイン(BTC)暴騰で反撃の狼煙、2つの上昇要因と今後の展望|仮想通貨市況

仮想通貨市場

●反転攻勢を見せるビットコイン(BTC)、上昇要因とこの後のシナリオを考察

●海外著名アナリストが10,850ドルに注目する理由

仮想通貨ビットコイン(BTC)市況

ビットコイン(BTC)は急反発。17日の大陰線を否定するかのような大陽線を付けた。現在は、ペナント上限ラインに頭を押さえ付けられている。

このまま戻り売り圧力に屈して下降チャネル内に回帰するか、逆三尊を形成し、ネックライン上抜けから上昇トレンドに転じるかは定かではないが、わずか1週間で(4000ドル)45万円幅の暴落が強烈なふるい落としとなった

1つめは、中国の仮想通貨事情だ。

中国メディア「新京報」の報道によれば、中国地裁が、ビットコイン(BTC)を初めて仮想財産として認定した。この法的解釈は、中国において初めての判断事例であり、ビットコインを含む仮想通貨投資・取引を全面的に禁止している中国で「ビットコインの保有を法的に認める」ことは、異例の結果とされている。

ビットコインテクニカル分析

アナリストが示す BTCの次期ターゲット

免責事項

中国・深セン市では昨年10月、ビットコインに関わった仲裁案件では「ビットコインを含む仮想通貨は、財産として法律に守られる」との判決が下ったが、今回の裁判にて、初めて「バーチャルな性質」が認められた。

また、イランの無人機が米国艦艇に撃墜されたことでの地政学リスクの高まりも一因に挙げられる。先日も、米国の無人偵察機がイラン軍に撃墜されており、偶発的な軍事衝突の懸念が再び高まった。

テレビ東京の経済番組「WBS」でも先日、ゴールド価格との相関性を考察したほか、英フィナンシャルタイムズでも、主要安全資産である日本円、スイスフラン、ゴールドのほかに、新たな選択肢となり得ると報じられた。

そのほか、悪材料視されていたリブラの公聴会を通過したことも、投資家心理を改善したものと見られる。29日から再開されるテザー裁判で、よほど悪材料が出ない限り、織り込み済みでアク抜けとなる可能性もある。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B