リップル(XRP)は下降チャートから反転の兆しを見せる!リップルの今後を価格チャートから分析【2019/7/18】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップル(XRP)は下降チャートから反転の兆しを見せる!リップルの今後を価格チャートから分析【2019/7/18】

リップル(XRP)は下降チャートから反転の兆しを見せる!リップルの今後を価格チャートから分析【2019/7/18】

リップルの今後を価格チャートから分析【2019/7/18】-仮想通貨ニュースサイト コイン東京

リップル(XRP)の対BTC日足価格チャート

リップル(XRP)の対JPY日足価格チャート

長期的な下降チャートが続いているリップル(XRP)は7月10日にそれまでの下落の動きを止め、更に7月16日以降、値幅は小さいながらも上昇への値動きへ切り替えています。長く下降トレンドが続いていたリップル(XRP)は反転の値動きを見せることが出来るのでしょうか?チャートを確認していきます。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

XRP/BTCの日足チャートを分析していきます。2019年より下降トレンドを継続してきたリップル(XRP)は7月10日以降、十字線を連ね、7月16日以降からは陽線を連ねる値動きを見せています。

長く下降チャートを形成してきたリップル(XRP)にとって、反転の兆しがみられつつありますが、本日7月18日までの上値は20日移動平均線に抑えられており、戻り売りが発生しやすい相場となっています。そのため本日7月18日には上昇の動きを継続するのかが一つの重要なポイントと言えるでしょう。

また7月16日以降、陽線を連ねることでMACD線はベクトルを上方へ傾けており、ダイバージェンスの発生も視野に入ってきました。MACDの点から見た場合も、本日7月18日に上昇の値動きを続けることが出来るのかは重要な判断ポイントと言えるでしょう。

XRP/JPYの日足チャートを分析していきます。対ビットコイン(BTC)チャートでは値幅の小さい上昇となっていますが、対法定通貨チャートでは5月14日以降から見られていなかった、久しぶりの大陽線を形成しています。

法定通貨でのリップル(XRP)チャートでは2018年以降から機能している長期的なサポートラインより反発した形となりました。また5月14日の大陽線形成では対ビットコイン(BTC)にもしっかりと影響を与えており、チャートを急上昇させています。今回も上昇チャートの兆しとなり得る可能性は十分にあり得るでしょう。

今後予想される値動きとして、本日7月18日に上昇の値動きを継続させることが出来るのかが重要な判断基準となります。仮に上昇を継続させた場合、リップル(XRP)は20日移動平均線の情報ブレイクと共にダイバージェンスの完成も可能性として上がってきます。既に法定通貨チャートで大陽線を形成しているリップル(XRP)は、このまま価格を一度大きく上昇させる可能性は十分にあるでしょう。

しかし本日7月18日に移動平均線上で揉み合いの値動きとなった場合、リップル(XRP)市場では戻り売りが誘発されやすく、下降チャートを継続させることになります。

本日は20日移動平均線が推移する0.0000335BTC台を突破出来るのか、抑えられるのか確認して相場を判断していきましょう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B