TISとINDETAILの過疎地交通網プロジェクト、8月に実証実験を実施予定

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

TISとINDETAILの過疎地交通網プロジェクト、8月に実証実験を実施予定

TIS株式会社と株式会社INDETAILは7月17日、共同で取り組む「ISOU PROJECT」(イソウ・プロジェクト)について、第1弾となる実証実験の詳細を発表した。同プロジェクトは、ブロックチェーン技術や電気自動車(EV)を用いて、過疎地域での次世代交通網の構築やエネルギー問題の課題解決を目的とする。

今回の実証実験は、北海道・函館から北西約45kmに位置する檜山郡厚沢部地区で、8月19日から8月30日の期間実施する。同地域の住民2309名が対象となる。7人乗りのワゴン車(EV)を用いて、現地でオンデマンド運行と通塾の送迎を実施する。システムは新開発のプラットフォーム上で運用され、乗車時にはスマートフォン向けアプリやICカードを利用して、地域通貨で支払いを行う。

イソウプロジェクトの仕組み

実験を通して、下記4点を重点的に効果測定を行う。結果を基に同地域での本格サービスや他自治体への展開を検討し、事業化を進めていくという。同様のシステムの実験では「仕組みが難しくてあまり使われませんでした」という検証結果を耳にする。同実験では、「地域住民の理解」が第1の検証項目に設定されている。過疎地域は比較的高齢化が進んだ地域と考えられるため、同サービスの商用化にあたってはユーザビリティが重要という判断だろう。


    【実証実験の目的】

  • 本サービスモデルが地域の住民に理解され、利用ニーズがあるかの確認
  • 本サービスモデルを展開する上での事業面・サービス/機能面での課題抽出
  • 自治体中心の自立・自走型モデルの検討と検証
  • 他自治体での同様シーズ・ニーズの確認

また、厚沢部町に既に設置されているEV充電スタンドや太陽光パネルなどを活用して再生可能エネルギーを中心としたエネルギーの地産地消についても併せて検証を行う。町が持つ再生可能エネルギーで電気自動車を走らせることが可能かどうか、仮想的に証明するとのこと。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B