バックトのビットコイン先物、「7ー9月期に立ち上げ見込み」=ファンドストラット予想

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

バックトのビットコイン先物、「7ー9月期に立ち上げ見込み」=ファンドストラット予想

バックトのビットコイン先物、「7ー9月期に立ち上げ見込み」=ファンドストラット予想

バックトのビットコイン先物、「7ー9月期に立ち上げ見込み」=ファンドストラット予想

仮想通貨プラットフォームのバックトが現四半期(7-9月期)にビットコイン先物を立ち上げるだろう。米マーケット調査会社ファンドストラットのサム・ドクター氏が19日にツイッターにファンドストラットの予想レポートを掲載した

ドクター氏は、18日に開催された「バックト・デジタル・アセット・サミット」を受けてレポートを発表。バックとは22日のテストを経て、現四半期にビットコイン先物を立ち上げる見込みとみている

バックトは、ニューヨーク証券取引所の親会社であるインターコンチネンタル取引所が手がける仮想通貨プラットフォーム。今月22日に現物受け渡しのビットコイン先物のテストを予定している。

【関連記事:バックト、ビットコイン先物のテスト開始日を発表 アポロ11号の月面着陸に重ねる 仮想通貨にさらなる機関投資家呼び込みへ

バックトのビットコイン先物は、投資家が先物の指定受渡日に現物であるビットコインを受け取る現物受け渡しであり、現金で受け取る米シカゴ先物市場(CME)などのビットコイン先物とは異なる。

ファンドストラットは、バックトのビットコイン先物は、伝統的な機関投資家の参入を後押しするきっかけになるとみている。

「バックト立ち上げの1日目からかなり多くの参加者が見込めるようだ。ブローカーやマーケットメーカー、トレードデスク、流動性供給者などから(バックトの)営業チームは確かな手応えを得ているようだ」

また、上記のイベントでCFTC(商品先物取引委員会)のスタンプ委員は、「ビットコイン先物への需要が高まり続けている」と話したそうだ。

さらにファンドストラットのレポートによると、仮想通貨投資会社ブロックタワーのアリ・ポール氏は、仮想通貨と伝統的な資産の相関関係が低くインフレなどに耐性がある点が仮想通貨の価値命題であると主張し、機関投資家は仮想通貨を無視するべきでないと主張した。

バックトのビットコイン先物はビットコインETF(上場投資信託)承認よりポジティブな材料とみる市場関係者もいる

【関連記事:SECのビットコインETF延期は悲観しなくてよい?ファンドストラットのトム・リー氏に単独インタビュー

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B