リップル、イーサリアムのBTC建チャートとビットコインドミナンスを独自考察|仮想通貨市況(タキオン)

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップル、イーサリアムのBTC建チャートとビットコインドミナンスを独自考察|仮想通貨市況(タキオン)
 

リップル、イーサリアムのBTC建チャートとビットコインドミナンスを独自考察|仮想通貨市況(タキオン)

仮想通貨市場
仮想通貨のアルトコインドミナンスは長期下落局面と解釈できる。BTC建てアルトは底の見えない展開が続くが、ETH/BTCは短期では反発期待も。XRP/BTCチャートも独自考察。

ビットコインドミナンスが70%の抵抗線で反落

上昇を続けるビットコインドミナンスであるが、70%の大台を前に反落した。

短期ではアルトコインへの資金流出も見られる。ビットコインが20,000ドル(220万円)に迫っていた2017年12月付近の水準と、70%という心理的な障壁の両面が抵抗線となっていると思われる。

主要アルトコインの対BTC建てチャート

今後の見通し

寄稿者:タキオン@wing_tachyon

暗号資産のマーケットキャップからビットコインドミナンスを引いた率がアルトコインドミナンスであり、ビットコインドミナンスの反転チャートになる。

ビットコインドミナンスの上昇は2018年3月ごろから上昇傾向であり、1年以上に渡ってその傾向が続いている。アルトコインが強かった2017年ごろと比べると対照的だ。

ここからは、個別に主要なアルトコインのビットコイン建てチャート考察していく。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B