テザー裁判とBakkt先物、明日に控えるビットコイン「重要ファンダ」を考察|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

テザー裁判とBakkt先物、明日に控えるビットコイン「重要ファンダ」を考察|仮想通貨市況
 

テザー裁判とBakkt先物、明日に控えるビットコイン「重要ファンダ」を考察|仮想通貨市況

仮想通貨市場

●ビットコイン(BTC)、直近値動きの重要ラインを分析

●市況に及ぼす影響など、23日の材料の注目ポイントを解説

仮想通貨ビットコイン(BTC)市況

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

22日現在のビットコイン(BTC)は、111〜115万円付近を推移している。

しかしその後、6月下旬の高騰時にも意識された119万円(11,000ドル)の節目の青ゾーン(②)はやはり上値が重く、断続的に売り叩かれる形で約8万円幅ほど反落、一時111万円を付けている。1hRSIが75を超えるなど短期的な過熱感も背景にあったと言える。下位足では、急落直後のカウンターによる急騰など、上下5万円幅以上の乱高下の激しさに起因する狼狽売りで「ライトセイバー・チャート」が繰り返し発現。時間軸を伸ばさないと翻弄される一方となりかねない。

明日に控える重要ファンダ

Bakktの先物のテスト

Bitfinexの反論

海外アナリストの展望は

一方で、レンジ相場に推移すれば、好ファンダ待ちで再び上値を追っていけるチャンスも訪れるかも知れない。目先では、日本時間23日に控える2つの重要ファンダのほか、29日に予定されている”テザー裁判”の行方を含めて、市場の動きに注視したい。

仮想通貨市場は、米国時間22日(日本時間23日)に重大イベントを2つ控えている。

2つ目が、テザー裁判の行方を左右するBitfinex側の反論=マイナスファンダ

いずれも、市場における明暗を分かつ可能性のあるファンダ要因であり、「本記事では、明日の速報情報の前に、情報の整理とマーケットにおける重要点を解説する。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B