バイナンス最新調査|機関投資家および大口顧客の潜在リスクと仮想通貨業界のマイナス要因

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

バイナンス最新調査|機関投資家および大口顧客の潜在リスクと仮想通貨業界のマイナス要因
 

バイナンス最新調査|機関投資家および大口顧客の潜在リスクと仮想通貨業界のマイナス要因

バイナンス最新調査|機関投資家および大口顧客の潜在リスクと仮想通貨業界のマイナス要因
仮想通貨取引所最大手のバイナンスが、機関投資家および大口顧客を対象としたアンケートの調査結果を分析したレポートを発表。機関投資家および大口顧客の取引の動向や市場に対する見解が明らかになった。

機関投資家や大口顧客の見解が明らかに

5月下旬にバイナンスの調査部門が行ったこのアンケートでは、最終的に、41の取引所ならびにOTC取引を利用している機関投資家および大口顧客からの回答が分析対象となった。

そのため、このレポートは調査サンプルサイズが小さいことが難点であり、仮想通貨業界の傾向としてこの結果を一般化することはできないと注意を促してしている。

調査の結果と分析は下記の通り。

1.機関投資家および大口顧客の類型と市場経験

2. 市場概観

・大口機関投資家の半数以上が、通常1週間以上ポジションを保有していると回答。(長期投資の傾向)

・一般的にポートフォリオが大きい顧客は複数の異なる取引所で取引する傾向があり、資本が小さい顧客は単一または少数のプラットフォームで取引する傾向が見られる。

・ポジション保有が1日に満たない顧客=高頻度トレーダーは、平均的に他の
グループに比べ、より多くの取引所を利用している。取引所間の価格差を利用した裁定取引を成功させるには、多数の取引所利用が必須であることがその理由。

回答者の87%が以前にOTC取引を利用した経験があり、その理由として法定通貨から仮想通貨への入り口であることが挙げられている。 また、優れた流動性と取引の煩わしさを回避できることもその理由であり、特に大規模な機関投資機関からの回答としてこの2つは顕著だった。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B