ビットコインがブックメーカーで使えるって本当?

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインがブックメーカーで使えるって本当?

ビットコインがブックメーカーで使えるって本当?

ビットコインがブックメーカーで使えるって本当?

ビットコインが投資に利用されていることはご承知の通り。しかし、ビットコインの使い道は他にも多数存在する。
そのひとつにブックメーカーと呼ばれる海外に籍を置くスポーツベットを楽しめるサイトで、数あるブックメーカーの決済方法の一つのビットコインを使って入金するということである。
ビットコインで入金ができるブックメーカーはたくさんあるが、日本語に対応したサイトは実はあまり多くはない。
そこで今回、日本語に対応したブックメーカーを以下で一挙に紹介する。
■ブックメーカーサイト「イカサマン.com」
 

 

日本語に対応したビットコインが使えるブックメーカーまとめ

・1xbet(ワンバイベット)
・sportsbet.io(スポーツベットアイオー)
・Cloudbet(クラウドベット)

これらのスポーツベッティングサイト(ブックメーカー)では、ビットコインを世界中のスポーツの試合に用いて遊ぶことができる。
ビットコインを運用して上手くいけば、ビットコインを増やすこともできる。
 

 

ビットコイン メリット&デメリット

では、ブックメーカーの入出金方法としてビットコインを使用する際の、ビットコインのデメリットとメリットを詳しく見ていこう。

 

 

ビットコイン メリットとは?

・上手くいけばビットコインを増やすことも可能
・手数料が比較的安い
・ジャックポットにあたる可能性も

 

 

ビットコイン デメリット

・価格変動が大きい
・送金に時間を要する時がある

 

デメリットも当然あるが、メリットも比較的大きいのがわかる。

 

 

ビットコインで入出金する際の注意点

とは言ったものの、ビットコインでブックメーカーへ入出金する際には注意が必要。ここで気をつけないといけない点は、仮想通貨の価格変動率だ。
ビットコインは、2016年6月時点では1ビットコイン=約5万円であったが、なんと2018年初頭にはすでに100万円近くまでその値が高騰。現在では130万円(2019年7月12日時点)近い値段まで価格が急騰している。

これが何を示唆しているかというと、機会を逃すと大損をする可能性があるということだ。また、逆に機会を味方につければ、ジャックポットにあたるチャンスが巡ってくるかもしれない。

ここでみなさんが疑問に思うことは、「なぜ仮想通貨は大暴落や急騰を繰り返すのか?」ということではないだろうか? 結論から言うと、ビットコインを含む仮想通貨の大暴落や急騰は、「コイン総数が決まっていることにより、コインの買い占めや独占などにより需要と供給のバランスが頻繁に変化し、それに伴って価格が変動するから」だ。

 

 

ビットコインの安全性は?


スイス一国より多い電気代を消耗していると話題のビットコインだが、ビットコインでブックメーカーを楽しむには、安全な取引所を選ぶことも非常に大切!
なぜなら、過去にいくつかの仮想通貨取引所で流出事件が起こっているからである。
最近では仮想通貨トロン関連の事件も記憶に新しい。
口コミやレビューを参考にして、安全な取引所を選ぶことが、最低限の安全管理だと言えるだろう。

 

 

まとめ

ビットコインをブックメーカーで活用することは、ビットコインの新たな使い道・投資方法といえるかもしれない。ビットコインの他にも最近ではFacebookがリブラ(Libra)という仮想通貨の開始を発表したことにより、一層注目を集めている仮想通貨業界。過去にはビットコイン関連の事件もいくつか起きているので、安全な取引所を選ぶのは非常に大切。安全な取引所選びがブックメーカーでビットコインを運用するポイントである。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B