フェイスブックの「フェイクマネー」、リブラについて独経済学者が語る

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

フェイスブックの「フェイクマネー」、リブラについて独経済学者が語る

☞フェイスブックの夢物語!?リブラコインはビットコインと競合できないか

 
独経済学者ソーステン・ポーライト氏によると、フェイスブック主導のデジタル通貨の取り組みには「経済的および倫理的な欠陥」があるという。

 
 
成功しても「良いお金」ではない!?
 
電子決済が世界的なトレンドとなっている中、人気ソーシャルメディアを通じて送金できるリブラコインが「成功するチャンスはかなり良い」という独経済学者によると、銀行は同コインに「心配しなければならない」という。
 

銀行ではなく、リブラ連盟が取引手数料を徴収し、誰が、いつ、どこで、何に対して支払ったのかに関する貴重なデータを受け取るようになる。顧客が貯蓄目的でリブラを使用し始めると、銀行はさらに疎外されるようになるだろう。

 
しかし、リブラコインは「良いお金」ではないとポーライト氏は続け、それが「法定通貨」によって価値が担保されていることを理由に挙げた。
 

法定通貨はインフレの影響を受け、多く人々を犠牲に一部の人々を豊かにする。法定通貨の発行は信用市場に歪みを与え、投機的なバブルや景気・不景気を引き起こす。また、法定通貨は経済を過剰債務に導く。

 
そのため、法定通貨と同様に「経済的および倫理的な欠陥」を持つリブラコインは、法定通貨を代替する通貨ではなく、それを「コスト面から効率的に使用するもの」だと主張。

さらに、ポーライト氏によると良いお金としては「明らかな選択肢」であるゴールドによって同コインの価値が100%担保されていないことから、リブラは慈善目的なプロジェクトではないと述べた。

しかし、リブラコインがそもそも「良いお金」として意図されていないという見解も多く、リブラのチーフ経済学者兼米MIT教授のクリスチャン・カタリーニ氏も、次のようにツイートしている。
 

@Libra_ is meant to be an efficient, low-cost and low-volatility medium of exchange. It’s a complement to fiat currencies and it’s backed by them.

— Christian Catalini (@ccatalini) July 17, 2019

リブラは効率的で、低コストな、価格変動の低い価値の交換手段であることを目的としている。法定通貨を補完するものであり、それによって支えられている。

 

「脱ドル化」を促進できるとも一部の業界人から指摘されているリブラコインだが、本当に来年から同コインが価値の交換手段として使用されるようになるのだろうか。

ゴールドマンサックスもデジタル通貨に興味を示している中、フェイスブックだけではなく、その他のテックジャイアントによる民間通貨の取り組みにも注目だ。

 

☞BTC市場の次のアクションは?トレンド反転ではなく「価格調整」か

☞現金の方がマネロンされている!?米政治家によるビットコイン犯罪の誇張

☞日本リードのクリプト版SWIFT、「数年以内」に本格稼働か

☞リブラバッシング2日目、「リブラではなくビットコイン」か
 
 
PickUpストーリー
 
 
☞Bitcoin.com代表取締役が語る「鉛筆から学んだ衝撃的な発見について」

☞ついにFRB議長パウエル氏も!?ビットコインは「ゴールドのような投機資産」

Blockstream創設者が語る「デジタルゴールドが生まれたきっかけについて」

トップページに戻る

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B