ヴァージン・ビットコインって知っている?仮想通貨ファンドや犯罪者に重宝される訳とは…

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ヴァージン・ビットコインって知っている?仮想通貨ファンドや犯罪者に重宝される訳とは…

ヴァージン・ビットコインって知っている?仮想通貨ファンドや犯罪者に重宝される訳とは…

ヴァージン・ビットコインって知っている?仮想通貨ファンドや犯罪者に重宝される訳とは…

世界で仮想通貨に対する規制が強まる中、「ヴァージン・ビットコイン」という言葉を多く目にするようになっている。一体何を意味するのか?明確にすることが重要である。

サイファートレースのデーブ・ジェヴァンズCEOによると、ヴァージン・ビットコインは、取引記録のないBTCトークン。このビットコインには歴史がなく、マネーロンダリング(資金洗浄)をする犯罪者などにとってかなり使い勝手の良いものになっている。不法に獲得した資金の起源を隠すことができるからだ。

もし特定のビットコインで一回でも過去に不法活動に使われた形跡があれば、それ以降の取引はすべて「汚される」ことになる。

ヴァージンビットコインとG20

それゆえ、先月末に大阪で開かれたG20で、金融活動作業部会(FATF)が最近公表した仮想通貨によるマネロン対策ガイドラインを正式に歓迎したことは特筆すべき事項だ。FATFのガイダンス、とりわけ「トラベルルール」の制定によって、取引所を含むVASP(仮想資産サービス提供者)同士が顧客の取引情報をシェアする必要性が出てきた

バーベルファイナンスのフレックス・ヤングCEOがコインテレグラフに対してその重要性を解説した。

「(このガイダンスによって)規制当局は様々な分散型台帳を調査してどのウォレットで不正な仮想通貨の交換やハッキングなどが行なわれたか調査するようになるだろう。ビットコインは、引き続き機関投資家にとって興味を引く資産になるが、リスク耐性は低くなる」

その上でヤング氏は、ヴァージン・ビットコインの重要性を指摘。「汚された」仮想通貨は規制された金融機関にかなり扱いづらいものになるからだ。例えば、もし特定のビットコインが過去にいかがわしい活動に使われたという証拠が少しでもあれば、そのビットコインは規制当局から差し押さえられたり保管されたりする可能性がある。

「薬物カルテルや犯罪者集団からのマネーを銀行に預金しようとするようなものであり、銀行はそうした取引を拒否するだろう」とヤング氏は述べた。

中国のマイニングとヴァージン・ビットコイン

実は、中国政府がヴァージン・ビットコインに興味を持っているという話もある。まだ、はっきりとした寛容の姿勢は見せていないものの、ヤング氏は中国がまだ仮想通貨のマイニングコミュニティに対して何の行動も取っていない点を指摘。ヴァージン・ビットコインに対する需要が世界的に増える中、中国のマイニング業界も同じく拡大していっている。ヤング氏は次のように述べた、

買い手は、米国と他の規制された地域からやってくる。中国のマイナーは単なる売り手だ(中略)ヴァージン・ビットコインは、ファミリー基金やその他の機関投資家、個人投資家に追加的な利益をもたらすわけではない。しかし、ヴァージン(ホワイト)コインに対する自信をはっきり示しており、結果として高いプレミアムを払っている

ヴァージン・ビットコイン なぜ機関投資家にとってリスク?

一度コインが汚されてしまえば、たとえその後多くの回数交換されたとしても、規制機関によって取引の歴史は遡れてしまう。つまり、その所有者はリスクにさらされることになる。ジェヴァンズ氏は次のように解説した。

ダークな取引記録は、ビットコインのファンジビリティを損なうだろう。ヘッジファンドにとっては頭痛の種だ。全ての資金が、2、3の質の悪いトークンによって汚される可能性があるからだ。少量のBTCホルダーにはあまり影響力はない。大量のBTCホルダーの場合、無意識で盗まれた資産を持つ可能性が高くなるため、自分たちの持つ投資プールの価値が下がる可能性が出てくる。」

紙幣・硬貨を含む現金は、資産単位が常に同種類・同単位の資産と全く等しい価値であることからファンジブル(代替可能)と言われる。例えば1万円札を犯罪者が使おうが聖人が使おうが、その1万円札はいつどこでも1万円札として利用が可能で、1万円の価値を保てている。言い換えれば、現金を見ているだけでは「汚いカネ」と「クリーンなカネ」の特定が不可能だ

ヴァージンビットコインの問題が示すのは、汚いカネとクリーンなビットコインを分ける動きはすでに業界内で出ており、かならずしも1BTC=1BTCでなくなってきているという事態だ。

仮想通貨取引所ビットメックスのアーサー・ヘイズCEOも、ビットコインのファンジビリティのなさを問題視しており、ビットコインは将来ハードフォークして匿名性を手に入れることになるだろうと予想した

【関連記事:ビットコインはハードフォークで匿名性を獲得 仮想通貨取引所ビットメックスCEOが予言【後編】

ただ、面白いことに、汚されたビットコインが政府によって「洗浄される」可能性もある。過去の取引記録がある意味リセットされて市場に出されるというわけだ。一番良い例は、米国マーシャル・サービスが2018年に3813ビットコインをオークションにかけたことだろう。

現在のヴァージン・ビットコインのプレミアムは?

このほか、ヴァージン・ビットコインについていくつか注目すべき点がある。

  • サイファートレースによれば、ブラックマーケットでの取引の75%以上でビットコインが使われている。
  • サイバー犯罪者は、コインミキシングなどの技術を使って取引記録の歴史を隠そうとする。最先端の暗号化技術を使えば歴史を見ることは可能であるものの、コインミキシングは追跡プロセスを複雑にする。
  • 2016年の米大統領選挙に関与したとされるロシア人は世界中にあるビットコインのマイニング機能を使って自分たちの資金調達をした。
  • ジェヴァンズは、ヴァージン・ビットコインはdcleaks.comの登録のために使われている。
  • サイファートレースの研究によると、最近のイラン政府によるマイニングセクターの取り締まりは計画的。押収したマイニングのための機器を利益目的で使っている。

最後にジェヴァンズ氏は、ヴァージン・ビットコインをその他のビットコインより高いプレミアムで売り出すケースについてコメント。2018年11月には、仮想通貨ミキシングサービスのベストミクサーはヴァージン・ビットコインに5%のプレミアムを請求していた。

ヤング氏によると、ヴァージン・ビットコインのプレミアムは現在約10%ほど。しかし、すでに何年もこの分野でビジネスを行う業者は、ヴァージン・ビットコインに30%以上の利ざやを取ることで知られているそうだ。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B