米シンクタンク、ブロックチェーンが米ドル中心の経済圏に脅威となる可能性を報告

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米シンクタンク、ブロックチェーンが米ドル中心の経済圏に脅威となる可能性を報告
 

米シンクタンク、ブロックチェーンが米ドル中心の経済圏に脅威となる可能性を報告

ブロックチェーンが米国覇権を弱める可能性を米シンクタンクが示唆
ブロックチェーン技術が米国の敵対国に対する経済制裁を弱体化させ、米ドル中心の経済圏が脅威にさらされる可能性を示唆したレポートが、米シンクタンクFDDより発表された。その背景と今後の可能性を考察。

ブロックチェーン台頭が米国覇権を弱める可能性

「ブロックチェーンは米国の敵対国に対する経済制裁を弱体化させる可能性がある」という趣旨のレポートが、アメリカ合衆国新保守主義系シンクタンクFDD(Foundation for the Defense of Democracies)から公開された

本レポートは、現在米国と敵対する4つの国を取り上げ、

という点について、事例のリサーチに基づいて提言を行なっている。

世界経済においてドルが基軸通貨として使用されていることに対しては、おおよそ疑いがない。英国スターリンポンドの座を米ドルが奪う形でその覇権を広げていった。そして「その(ドルの)優位性によって、米国の政策決定者は外交や軍事行動だけに頼ることなく、(…)金融規制や経済制裁の行使を可能にしてきた。」

米国の敵対国は長期的に独自の経済圏構築を目論む

敵対国の脅威に問われる米国の対応

そのような「泣かぬなら鳴くまで待とう時鳥(ほととぎす)」という状況を余儀なくされた被制裁国にとり、転機となったのはブロックチェーン技術である。特に彼らが注目しているのは、既存の米国中心に成り立つ金融システムを介さない取引が可能になるという側面だ。レポートを元に今後の世界経済を鳥瞰してみよう。

デジタル大辞泉によると、経済制裁の手段としては、輸出入の制限または禁止、経済関係条約(通商条約など)の停止、対象国の在外資産の凍結、航空機や船舶の乗り入れ制限または禁止などを挙げている。世界貿易においてはドルが事実上基軸となっているが故に、外資(主にドル)が不足することは輸出入(特に輸入)に打撃を与える。

彼ら敵対国は今、ブロックチェーン技術をその目的達成のための絶好の機会だと踏んでいる。ロシア、イラン、ベネズエラは、ブロックチェーン技術が米国の金融強制力を弱め、制裁抵抗力を高める手段として実験を開始し、中国もまた、米国の財政力と当局に対する制裁の脅威に警戒している。

それぞれ実態はどうなっているのだろうか。ベネズエラ、ロシア、イラン、中国のそれぞれ4国について見ていこう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B