米バンカメ、決済システムの特許申請でリップル技術を引用

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米バンカメ、決済システムの特許申請でリップル技術を引用
 

米バンカメ、決済システムの特許申請でリップル技術を引用

「バンカメ」の特許申請でリップル社の技術に言及
米大手銀行「バンカメ」が申請中のDLT決済特許で、リップルブロックチェーンの技術を引用していることが判明した。「即時差金決済」分野を重要視か。

「バンカメ」の特許申請にリップル

米大手銀行「バンカメ(BoA)」が申請中の特許で、リップルブロックチェーンの技術を引用していることが判明した。

米国特許商標局
が今年の6月に公開したバンカメの特許申請「分散型台帳システムによる即時差金決済」では、DLTを利用する銀行間のコミュニケーションツールが説明されている。このシステムを利用する複数の銀行は、即時に取引における差金決済を行うことが可能になるという。

バンカメは米国において最もブロックチェーン特許を所有する銀行だが、未だ実利用には至っていないとされている。現段階ではこの申請は承認待ちだという。

直近では、リップル社のシニアエンジニアはブロックチェーンベースの『xCurrent』をインドの全ての銀行に導入する計画を明かした。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B