米金融大手フィデリティの仮想通貨子会社、NY州のカストディライセンスを申請か

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米金融大手フィデリティの仮想通貨子会社、NY州のカストディライセンスを申請か
 

米金融大手フィデリティの仮想通貨子会社、NY州のカストディライセンスを申請か

米金融大手フィデリティの仮想通貨子会社、NYカストディアン申請か
米フィデリティの仮想通貨子会社FDAは、ニューヨーク州「信託ライセンス」を申請中であると報じられた。取得することで、ニューヨーク州の機関投資家や大口投資家をクライアントとして、自社カストディサービスの提供を行うことが可能になる。

FDA、NYカストディアン申請か

米金融大手フィデリティの仮想通貨子会社FDA(フィデリティ・デジタル・アセット)は、ニューヨークの金融サービス局に「信託ライセンス」の申請を行なう可能性が浮上した。米仮想通貨メディアTheBlockが情報筋の話として報じた。

FDAが申請した「信託ライセンス」はカストディなど財産の管理などを行う業務に適応されるもので、ニューヨーク州の機関投資家や大口投資家をクライアントとして、自社カストディサービスの提供を行うことが可能になる。

この「信託ライセンス」を取得した米仮想通貨関連企業には、取引所CoinbaseやGeminiなどがある。また、これらの取引所はNYの仮想通貨関連事業者許認可『ビットライセンス』も保有する規制に準拠した仮想通貨関連業者が該当する。(Bakktは信託ライセンスを申請中)

フィデリティは昨年10月にFDAの設立を発表。現在では一部の適格機関投資家に向けて、ビットコインのカストディサービスを提供している。今年の5月には、仲介業者として機関投資家の仮想通貨取引サービスの提供も計画している事が報じられている

その中の動きのひとつとして、ICE(NYSEの親企業)が手がける仮想通貨プラットフォームBakktは日本時間22日、ビットコイン先物取引のテストを開始。9月までにはその正式ローンチを予定する。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B