[cryptopack id="115"]

住友商事、ビットフライヤーの『miyabi』を利用した不動産管理開始へ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

住友商事、ビットフライヤーのmiyabiを利用した不動産管理開始へ

住友商事、ビットフライヤーの『miyabi』を利用した不動産管理開始へ

 

住友商事、ビットフライヤーの『miyabi』を利用した不動産管理開始へ

2019/07/23 08:09

住友商事、ビットフライヤーのmiyabiを利用した不動産管理開始へ

住友商事はビットフライヤー子会社のビットフライヤーブロックチェーンが開発するブロックチェーン製品『miyabi』を利用した不動産賃貸契約プラットフォームの共同開発に向けた業務提携を発表した。

内見予約から契約までスマコンで管理

ビットフライヤーブロックチェーンが開発するブロックチェーン製品『miyabi』のスマートコントラクトを利用して、不動産賃貸契約のプラットフォームを構築する。

具体的には物件内見の予約から、賃貸契約締結までを電子化しスマートコントラクトで管理する。

アプリケーションは借主向けおよび管理会社・仲介会社向けに開発される。

賃貸契約にかかるドキュメントの電子化によって、状況のタイムリーな把握、コストの圧縮、資料のセキュアな保管などが期待される。

2019年後半に一般利用開始

2019年後半にはプロトタイプの開発・検証を完了させ、一般利用者へのサービス提供へ移行する予定だ。

将来的には借主がスマートフォン1つで物件検索から内見予約、契約、入居、各種費用の支払い、契約更新や退去手続までワンストップで完結でき、不動産業界の各事業者が業務効率化を実現する仕組みの構築を目指す。ブロックチェーン以外の最新技術の導入も視野に入れている。

また、賃貸領域だけでなくその他の契約にまつわる領域にも横展開する計画だ。さらに、保証会社、保険会社といった不動産契約と関わりが深い他業種のサービスの利便性向上も目指す。

不動産×ブロックチェーンの関連記事


ブロックチェーンを不動産事業に活用。三井住友信託銀行がはじめた実証実験とは?

ブロックチェーン技術の活用事例が相次いでいます。2018年12月、三井住友信託銀行は、不動産事業にブロックチェーン技術を活用する実証実験をはじめました。 この記事では、その実証実験の仕組みや利点、課題 … 続きを読む ブロックチェーンを不動産事業に活用。三井住友信託銀行がはじめた実証実験とは?


積水ハウス、ブロックチェーンを活用した不動産情報管理を開始予定。

ブロックチェーンによる不動産賃貸システム 2017年の中頃から、積水ハウスはbitflyerと共同でブロックチェーンを用いた不動産情報管理システムの構築を行なっていました。 当初は年度内のサービスイン … 続きを読む 積水ハウス、ブロックチェーンを活用した不動産情報管理を開始予定。


建設テックのZWEISPACEが特許取得の耐震ブロックチェーンでアジア展開

東京都千代田区に拠点を置く建設テック、不動産テックのZWEISPACE(ツバイスペース)は地震多発地域のアジア各国で耐震ブロックチェーン事業を展開することを発表した。 耐震ブロックチェーンでアジア展開 … 続きを読む 建設テックのZWEISPACEが特許取得の耐震ブロックチェーンでアジア展開

The post 住友商事、ビットフライヤーの『miyabi』を利用した不動産管理開始へ appeared first on Coin7 仮想通貨ニュースメディア.

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/3280

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。