米消費者保護団体ら、Facebookの仮想通貨リブラ創設27社に「待った」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米消費者保護団体ら、Facebookの仮想通貨リブラ創設27社に「待った」

(Image: Wit Olszewski / Shutterstock.com)

オープンマーケット協会(Open Markets Institute、以下OM協会)を含む米国内の4つの消費者保護団体は7月18日、Facebookの仮想通貨Libra(リブラ)に関して共同で文書を送付したことを発表した。内容は、運営主体Libra協会に創設メンバーとして参画する27の企業に宛てたもの。OM協会らはFacebookを除く27の参画企業らに対し、プロジェクトからの撤退を要求した。

文書は公開されており、OM協会のほか、パブリックシチズン(Public Citizen)、デマンドプログレス教育基金(Demand Progress Education Fund)、リボルビングドアプロジェクト(Revolving Door Project)の消費者保護団体による連名で発行された。OM協会らはプロジェクトに対し、創設メンバーによる分権的な体制ではなく、実際にはFacebookによる恐怖政治だと批判した。同社による市場支配に対して強い懸念を示している。

OM協会のローラ・ハタルスキ氏は、「Libraは、法定通貨の主権を脅かす。民衆がFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOに忠誠を誓うと言うわけでないなら、Libraプロジェクトは即刻終了しなければならない。今週の米上下両院での悲惨な公聴会を経て、Libraが世界秩序に与えるリスクを改めて認識いただきたい。プロジェクトから去るか否か、パートナー企業のあなたたちにかかっている。」とLibraプロジェクトを強く批判するコメントを残している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B