「正式な承諾はない」リップル社CEO、米バンカメの特許申請にリップル技術が引用された件に言及

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「正式な承諾はない」リップル社CEO、米バンカメの特許申請にリップル技術が引用された件に言及
 

「正式な承諾はない」リップル社CEO、米バンカメの特許申請にリップル技術が引用された件に言及

リップル社CEO、米バンカメの特許申請について発言
リップル社CEOは、同社ブロックチェーン技術を引用する米バンカメの特許申請について中立的な見解を示した。なお、仮想通貨リブラは必要でないと指摘。

リップル社CEO、米バンカメの特許申請について発言

リップルCEOのBrad Garlinghouse氏は23日、ブルームバーグ
において、米大手銀行「バンク・オブ・アメリカ(BoA)」が申請中の特許で、リップルのブロックチェーン技術を引用していたことに対して、「正式に承諾している訳ではないが、特に批判するつもりや、リップルのブロックチェーン技術引用の取り下げを依頼するつもりもない」との見解を示した。

リップルのブロックチェーン技術を引用しているバンカメ(BoA)が申請した特許についても、正式に公表されていないと、驚きの見解を示した。

BoA側からはリップルのブロックチェーン技術の引用については、正式な発表は未だされておらず、BoA内部では数年に及び、リップルの技術について構想が練られていたのではないかと憶測されていた。

Garlinghouse氏は、リップル社ではこれまでにも数多くの金融機関・銀行との提携業務を遂行しており、今後も同様の傾向が続くと、金融関係者との継続的な関係性についても補足した。

仮想通貨リブラについても言及

Garlinghouse氏はフェイスブックが主導する仮想通貨リブラについても言及しており、「退屈な構想計画である」として批判を行った。

同氏によると、リップル社が金融機関や銀行との提携業務に従来から強みを持つのに対し、そもそもフェイスブックは消費者向けのプロダクトであるとも指摘した。よって金融市場への介入を目指すのではなく、今後も消費者向けサービスに特化するべきだと、見解を述べた。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B