ビットコイン大幅続落、月末の米国に新たな重要ファンダも|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン大幅続落、月末の米国に新たな重要ファンダも|仮想通貨市況
 

ビットコイン大幅続落、月末の米国に新たな重要ファンダも|仮想通貨市況

仮想通貨市場
11,000ドルから続落中のビットコインは、前日比2.2%安の105万円台で推移。今月末に仮想通貨規制に関する新たな公聴会が開かれるとの情報も相場の重しとなった。テザー裁判やFOMCの行方と共に、市場の関心が高まっている。

仮想通貨ビットコイン(BTC)市況

戻り高値11,000ドル(120万円)から続落中のビットコイン(BTC)は、前日比2.2%安の105万円台で推移している。先週のリブラ公聴会に続き、日本時間31日に同上院銀行委員会が「仮想通貨規制に関する公聴会」(仮想通貨とブロックチェーンの規制枠組み調査)を開催することも判明し、相場の重しとなった。

公聴会には、米仮想通貨取引所ポロニエックスの親企業Circle CEOのほか、国会リサーチサービス機関の会員、および著名大学UCIの法学教授が参加する。

テクニカル分析

海外著名アナリストの見解

免責事項

日足ベースの出来高も下降気味で、17日の急落局面では大きく反発する起点となった日足雲上限であったが、本日106万円付近にあった日足雲下限でも下げ止まらずに底抜けた。現在は103.8万円から反発するも、サポートとしてはやや心許ない位置にあり、続落した場合は②のラインで売り買いの攻防が激しさを増すことになりそうだ。

4hMACD確認する限り、4月以降のブル相場ではゼロライン上で推移していた強気相場は、6月末に市場の性質が一変したことで影を潜め、弱気ゾーンでの軟調な動きを繰り返している。

続落したビットコイン(BTC)を受け、海外の人気アナリストJosh Rager氏
が独自分析。先週のサポートラインが現在のレジスタンスに転じたため、次期サポートラインのターゲットを8975ドル(97万円)か、あるいは8730ドル(94万円)に見立てている。(日足チャート)

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B