ブロックチェーン技術を用いた電力取引で、消費者が電力融通しあう地産地消の未来

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ブロックチェーン技術を用いた電力取引で、消費者が電力融通しあう地産地消の未来

今、ブロックチェーンの活用で熱い産業は、電力業界だといってよい。2016年から電力の小売が全面自由化され、再生可能エネルギーなどの電気を個人間で売買する「P2P電力取引」が可能になった。その電力取引を実現するプラットフォームに、ブロックチェーン技術が用いられているのだ。

一方で、中央集権的な管理機構を持たないブロックチェーンの特性は、これまでの産業構造を大きく変えてしまう可能性も持ち合わせている。再生可能エネルギーのP2P電力取引においては、どのような未来が待っているのか。同分野で先をいくデジタルグリッド株式会社・代表取締役会長・最高技術責任者の阿部力也氏に話を聞いた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B