ブロックチェーン特許付与率 韓国がトップ、日本は2位

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ブロックチェーン特許付与率 韓国がトップ、日本は2位

ブロックチェーン特許付与率 韓国がトップ、日本は2位

ブロックチェーン特許付与率 韓国がトップ、日本は2位

韓国はブロックチェーン特許付与率が最も高い国となっている次いで日本が2番につけている。知的財産系メディアのIAMが7月23日に記事を掲載した

ブロックチェーン特許付与率は、韓国が54%でトップ。日本は17%で2位、続いて米国が16%で3位だ。一方、中国は極端に低い率となっている。

中国とその他の地域との差は、中国以外ではこういった特許は、特許が下りるまでは申請書が公開されないプロセスだからだとしている。中国では、特許申請書は実際の精査の前に公開しなければならないため、率が低くなっていると説明している。

Blockchain Intellectual Property Grant Rate

ブロックチェーン知的財産寄与率 参照: IAM

また、ブロックチェーン技術のイノベーションに関しては、中国と米国はそれぞれ62%と22%で、ブロックチェーン業界の開発のほとんどを両国が手掛けているという結果もでている。

今年6月、ウィザーズ&ロジャーズとスイス連邦知的財産権庁(IPI)の調査によると、ブロックチェーン技術関連の世界的特許出願数、また複数国への特許出願を指す「パテントファミリー」が、長年研究されてきた量子コンピュータ関連など他技術の出願数を大幅に上回ったと報じられていた

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B