[cryptopack id="115"]

住友商事とbitFlyerが不動産契約プラットフォームの共同開発に向けた業務提携を発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

住友商事とbitFlyerが不動産契約プラットフォームの共同開発に向けた業務提携を発表

 

住友商事とbitFlyerが不動産契約プラットフォームの共同開発に向けた業務提携を発表

2019/07/24 06:20

大手総合商社の住友商事株式会社と、国内で大手取引所を運営する株式会社 bitFlyer Blockchainは今月23日、ブロックチェーンを活用して住宅の賃貸契約を効率化するプラットフォームを共同開発することを発表しました。

bitFlyer開発のエンタープライズ向けブロックチェーン「miyabi」を用いて構築される同プラットフォームは、不動産賃貸契約を電子化し、契約に際する対面・FAX・郵送のやり取りを省くことを目的としています。

借主は、スマートフォン1つで物件検索から内見予約、契約、入居、各種費用の支払い、契約更新や退去手続まで全てをプラットフォーム内で完結できるようになるといいます。

さらに、将来的にはスマートロックを活用した業者立会い不要の内見や、VRを活用した内見などの導入も目指しているといいます。

両社は2019年内にもプラットフォームの開発・検証を終え、2020年にリリースを行うとしています。

The post 住友商事とbitFlyerが不動産契約プラットフォームの共同開発に向けた業務提携を発表 appeared first on CRYPTO TIMES

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/3288

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。