[cryptopack id="115"]

米上院、仮想通貨規制に関する公聴会を31日に開催【フィスコ・ビットコインニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米上院、仮想通貨規制に関する公聴会を31日に開催【フィスコ・ビットコインニュース】

 

米上院、仮想通貨規制に関する公聴会を31日に開催【フィスコ・ビットコインニュース】

2019/07/24 14:42

米国会上院の銀行委員会は、日本時間7月31日に「デジタルカレンシーズ(仮想通貨)とブロックチェーンの規制枠組みを調査する」公聴会を開くと発表した。なお、具体的な法案について討論されるか、または実情調査なのかは明かされていない。

公聴会に出席する人物は、米仮想通貨取引所ポロニエックスの親企業「Circle」のCEO、国会リサーチサービス機関の会員、および著名大学UCIの法学教授との三名だ。

これまで、同銀行委員会はAMLや相場操縦、ブロックチェーンのイノベーションなど、複数の仮想通貨関連公聴会を開いた。

しかし、先週のリブラ公聴会(上下院とも)では、特に仮想通貨リブラに対する規制の必要性が議論されていたため、仮想通貨を規制する連邦法律がない現在、リブラのみならず、ビットコインなどの仮想通貨をどのように排除せずに法律のもとに置くか重要視することになってきたかもしれない。

一方、先週の公聴会では複数の議員が、いわゆる中央集権的なネットワークで管理されるリブラと分散化されたエコシステムを持つビットコインなどの仮想通貨を分けて考えていた。また、仮想通貨の基礎知識を持つ議員が増えているため、仮に31日に控える公聴会で法整備のために議論が行われても、仮想通貨の性質が混同される可能性は低いとみられる。

先日、トランプ大統領や財務長官はビットコインなどについて発言をしたが、規制に準拠することに焦点を当てていることから、米国内で禁止する恐れが極めて低いとの見解を有識者などは分析している。国会における仮想通貨の公聴会では、リブラ同様に今後の国の方向性を模索する発言が行われる可能性があるが、業界の正当化における重要なイベントとなるだろう。

(記事提供:コインポスト)
CoinPost(コインポスト)は、日本最大級の仮想通貨・ブロックチェーン総合情報メディアサイトです。国内外の情報を迅速に捉え、考察も含めたオリジナル記事を配信しています。

<SI>

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/3291

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。