米有力ヘッジファンドPantera Capital、仮想通貨リブラの理念と設計を高評価

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米有力ヘッジファンドPantera Capital、仮想通貨リブラの理念と設計を高評価
 

米有力ヘッジファンドPantera Capital、仮想通貨リブラの理念と設計を高評価

有力仮想通貨ヘッジファンド リブラを高評価
米有力仮想通貨ヘッジファンドの Pantera Capital社は、7月の投資家向け広報誌で、フェイスブックのリブラプロジェクトに言及し、その理念と設計に高い評価を下した。
目次
  1. リブラ協会
  2. 多通貨による裏付け(SDR型バスケット制)
  3. 世界的な広がり/連結性
SDRとは
Special Drawing Rights(特別引き出し権)。国際通貨基金(IMF)に加盟する国や公的な主体が持つ通貨の「特別引き出し権」。IMFの出資比率に応じて加盟国に割り当てる仮想通貨で、加盟国は自国が通貨危機などで外貨不足になったとき、他の加盟国にSDRを譲渡して必要な外貨と交換することができる。IMFは支援融資をSDR建てで実施している。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

リブラの発行は仮想通貨全体へも好影響

米有力仮想通貨ヘッジファンドの Pantera Capital社は、7月の投資家向け広報誌で、フェイスブックのリブラプロジェクトに言及し、その理念と設計に高い評価を下した。

Pantera社の最高経営責任者Dan Morehead氏は、リブラは、その語源「Libra」の定義である「お金、正義、自由」を中核となる理念としており、それは当初からビットコイン機関投資家として同社が支援する「民主化された金融への動きの基盤」に通じるものだと主張。

フェイスブックが提案するリブラに懐疑的な意見も散見される中、Morehead氏は、仮想通貨の種類にかかわらず、安価で信頼性の高い金融サービスへの開かれたアクセスを提供するのが、ブロックチェーンの可能性だと述べた。 

そして、リブラの設計の特性として次の三点を挙げ、それぞれの利点を解説した。

リブラ協会:リブラの運営

多通貨による裏付け(SDR型バスケット制):多通貨を担保するステーブルコインとして設計

世界的な広がり/連結性:世界規模のネットワークと仮想通貨への影響

リブラは短~中期的には、グローバルなスケーラビリティと機敏な管理運営を可能にするため、パーミッション型のブロックチェーンとなるが、最終的な目標はより分権化された運営システムへの移行だと言明している。

Morehead氏は、フェイスブックが、リブラの裏付け担保として、国際通貨基金(IMF)が創設した特別引出権(SDR)を模した通貨バスケット制を採用したことに「特に感服させられた」と述べている。

Morehead氏によると、現実的には、 世界金融の重要性により選ばれた複数の法定通貨で構成されるIMFのSDRは、実際の取引を行うことが困難だったため、使用されることはほどんどなかったが、リブラは取引に使用されるために設計されていると強調している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B